地方のホテル

ある男性の話。


俺は、仕事で出張が多かった。

もうずいぶん前のことになるが、職場の後輩とある地方(地理的には南)のホテルに泊まったときのことだ。

チェックインして部屋に入ると、なんだか寒気がした。

風邪を引いたわけでも、室温が低かったわけでもない。

直感的に何かを感じたのだ。

「不気味だな。」

独り言をつぶやいた。

何がどう嫌で、どう不気味なのかは説明できない。

でもあえて言えば、その部屋の中にいると、誰かに見られているような感じがしたのだ。

霊感が強いわけでもないのに感じた嫌な感覚。

そこで、部屋を調べてみることにした。

調べてみて、何もなければ安心できる。

トイレ、風呂場、冷蔵庫と、いろいろ見て回ったが異常はない。

気のせいだったかな。

最後にクローゼットを開けて、一通りのチェックは終了だ。

クローゼットを開けると、そこには何もないはずだった。

でも、中には男の生首入っていた。

そして、こちらを凝視していたのだ。

うす暗い中から、じっとこちらを見ている。

俺はあまりのことに言葉を失い、その場に尻餅をついてしまった。

生首は目だけ動かして、相変わらず俺を見ている。

あまりのことに思考が止まっていた俺だったが、声にならないような声で悲鳴を上げながら部屋を飛び出した。

すぐに後輩の部屋に駆け込み、事情を説明する。

後輩は最初は半信半疑といった感じだったが、俺のおびえた様子を見てなのか、部屋に一緒に来てくれることになった。

部屋に戻ると、クローゼットは開けっ放しのままだったが、中の生首は消えていた。

後輩は笑っている。

「○○さん、怖かったから幻でも見ていたんじゃないですか?」

後輩の言うように、あの生首は幻だったのだろうか。

ちょっと自信を失いかけたそのとき、後輩があるものを発見した。

古いお札だ。

クローゼットの天井、よく調べなければ分からない位置に、お札が1枚貼ってあったのだ。

俺はそれを見て、恐怖に震えた。

後輩も、ここへきてようやく俺の話を信じてくれたようだった。

やはり、この部屋には何かあるんだ。

急いでフロントに出向き、部屋を替えてくれるよう掛け合った。

若いスタッフでは話にならず、責任者を呼んでもらった。

奥から出てきた人物に、俺はもう一度事情を説明した。

すると、案外あっさりと部屋を変更してくれた。

別の部屋の鍵を渡してくれるときに、責任者らしき人物はさりげなく釘を刺してきた。

このことは人に言わないでほしいといったことだった。

それを聞いて確信した。

きっとあの部屋には、何かしらのいわくがあるのだと。

移動した部屋では何事もなく過ごせたが、改めて思ったことがある。

ホテルには毎日大勢の人間が来て、寝食していくのだ。

そんな場所なら、ときには負の念が強い人だって泊まっていくだろう。

そして、時間をかけてゆっくりと、念が溜まっていっても、不思議ではないのかもしれない。

スポンサーリンク