アパートのベランダ

Aさんが、小学生のころに体験した怖い話。

ある日の放課後。

Aくんは、BくんのアパートへCくんと一緒に遊びに行った。

3人は小学校の同級生。

その日は、ファミコンをして遊ぶ約束をしていた。

アパートの前まで来ると、Cくんは面倒なことを言い出した。

「オレ、ここには入りたくない・・・・」

彼には霊感があるらしい。

Aくんには霊感などないから、Cくんの言っていることにまともな返事ができない。

「お前、なに言ってんの?」

俺は、Cくんの発言を無視してBくんのアパートへと入っていった。

しぶしぶ付いてきたCくんだが、中に入ると様子がおかしい。

うつむいてしまい、震えているのだ。

「なに?お前どうしたの?具合悪いの?」

そう尋ねても、首を振るだけのCくん。

AくんとBくんは、最初こそCくんの態度を気にしていたものの、だんだん気にならなくなりファミコンを始めた。

しばらくファミコンで遊んでいると、突然Cくんが声を出した。

「あ・・・あ・・・・見てる・・・・女の人が・・・・こっちを見てるよ・・・・・」

怯えている様子だ。

二人は、おかしなことを言っているCくんを鼻で笑っていた。

でも、あまりに怯えるものだから、だんだんと二人も怖くなってしまった。

「こっち見てるって、どこから見てるの?女の人ってなに?」

聞くと、Cくんは震えながら答えた。

「女の人だ・・・・・見てるんだ。。。。。」

答えになっていない。

「それじゃわからねえよ。ちゃんとわかるように話せよ。」

怖くなっていた二人は、Cくんにきつく当たった。

Cくんは「じゃあ、何を見ても驚かないでね」と念を押した上で、次のように続けた。

「僕の肩に手を置いて・・・・それで、目をつぶって10秒数えたら、目を開けて・・・・そのまま、僕の肩から手を離さずに、ベランダのほうを見て・・・・・そうしたら、たぶん二人にも見えると思う。。。。」

二人は言われたとおりに、Cくんの肩に手を置き目を閉じて10秒数えた。

そして、目を開けベランダのほうに目を向けてみた。

すると二人にも見えてしまった。

頭から血を流した女が、窓からこっちを見ていたのだ。

どちらが先だったか、2人は部屋から飛び出した。

後からCくんも付いてきた。

あんな恐ろしいもの、初めて見た・・・・

「さっきはごめんね。」

外に出てから、謝る二人。

しばらく、足の震えがおさまらなかった。

その後、Bくんは両親に頼んでアパートのお払いをしてもらったそうだ。

大人になった今でも、Aさんはこのことを思い出すのだとか。

スポンサーリンク