誘拐

小学校の1年生の田所ユウスケくん。

ユウスケくんはある日、一人で歩いていました。

学校の帰りです。

すると突然、知らないおじさんが話かけてきました。

なにやら焦った様子です。

「きみ、田所くん?今ね、きみのお母さんが、交通事故で病院に運ばれたんだ。すぐに行かないと、もう会えなくなっちゃうかもしれないよ!」

ユウスケくんはそれを聞いて、驚きと悲しみに襲われました。

お母さんに会えなくなる、そんなの嫌だ。

だから、おじさんの車に乗り、お母さんの入院している病院に向かったのです。

車はどれくらい走ったでしょうか。

ユウスケくんは聞きます。

「ねえ、病院にはまだ着かないの?」

「うん、もうちょっとだよ。」

それから、また少ししてから聞きました。

「お母さんのとこには、まだ着かないの?」

「うん、もうちょっと。」

話しかけるたびに、だんだん口数の少なくなってくるおじさん。

小学生ながら、ユウスケくんはその状況に違和感を感じました。

そして、思い出したのです。

大人のいつも言っていた、「誘拐には気をつけてね」の言葉を・・・・

「逃げた方がいいよね。でもすればいいの。」心の中で考えました。

きっと、「車から、降りたい」と言っても、きっと降ろしてくれないでしょう。

それは、ユウスケくんにもなんとなくわかっていました。

そして、ある賭けに出ました。

ユウスケくんは、こう言ったのです。

「おじさん、おしっこ漏れちゃう!」

「おしっこ?もうちょっとだけ我慢してくれよ。」

「ダメダメ漏れちゃう。あああーーーー。」

ズボンも下ろさず、車の中でおしっこを漏らしたのです。

それを見たおじさんは、焦りだしました。

「ちょっと待てよ。今、車停めるから。」

すぐに近くのコンビニに停車させ、ユウスケくんをトイレに行かせました。

「ほら、行ってきな。すぐ戻ってくるんだよ。」

ユウスケくんはコンビニに入ると、すぐに店員さんに助けを求めました。

店員は状況を理解して、警察へ通報しました。

誘拐されずに済んだのです。

もちろん、お母さんが事故にあったというのはすべてでたらめでした。

その時間、お母さんは家で元気に夕飯の支度をしていたそうです。

ユウスケくんは、機転を利かせられたから助かりました。

あなたが子供だったころ、こうして機転を利かせられましたか。

もしも、機転を利かせられなかったら今頃は・・・・

スポンサーリンク