温泉旅館の異界

男性から聞いた話。


数年前。

とある温泉旅館に泊まったときの話だ。

一人旅が好きな俺は、そのときも一人だった。

旅先は、良い街だった。

旅館のサービスも良かった。

温泉も申し分なく、満足のいく旅になりそうだった。

夜になり、敷かれた布団に横になると、いつの間にか眠ってしまっていた。

旅の疲れが出たのかもしれない。

・・・・どれくらい眠っただろうか。

ふと目が覚めた。

すぐに、もう一度眠ろうと寝返りを打つ。

だが、一向に眠れない。

何度も寝返りを繰り返して考えた。

「この際、このまま起きてしまおうか。」

時計を見ると、深夜の1時だ。

長時間眠ったと思っていたが、2時間しか経っていなかったようだ。

立ち上がり、部屋の電気をつけた。

そのときに、俺は違和感を覚えた。

言葉にしにくい違和感だった。

部屋は先ほどと変わらないと思う。

でも、どこか様子がおかしい気がした。

寝ぼけているのだろうか。

ふと喉の渇きに気が付いた。

確か、廊下の先に自動販売機があったはずだ。

部屋を出て廊下を歩いてみると、先ほどから感じていた違和感がさらに強まった。

まず、歩けど歩けど自販機にたどり着かないのだ。

それに、廊下の電気が暗いのも気になった。

自販機を探しながら、さらに歩き続けると、旅館の受付まで来てしまった。

受付には誰もいない。

電気もすべて消えている。

人の気配もない。

従業員も眠ってしまったのだろうか。

とにかく、自販機を探そう。

暗い玄関口で、自販機を探していると、後ろから声がした。

振り返ってみると、10歳くらいの男の子が立っていた。

びっくりしたような顔でこちらを見ている。

俺は人を見たことで少し安心した。

でも、こんな深夜に子供が何しているのだろうか。

俺が話しかける前に、男の子が話しかけてきた。

「お兄ちゃん。こんなところで何してるの?」

「え?のどが渇いたから、ジュースを買おうと思って・・・」

男の子は、俺が話し終わらないうちに、会話を被せるように質問してきた。

「そういう意味じゃないよ。なんで、こんな場所に来たのかってこと!」

何を言っているのか分からない。

「あのね、俺は今、自動販売機探してるんだよ。」

「違う違う。お兄ちゃんは、ここに来てはいけない人だよ。早く戻って!」

言っている意味が分からない。

旅行に来てはいけないという意味だろうか。

男の子は尚も続ける。

「ねえ、ボク以外の者にまだ会ってない?」

「・・・え?どういう意味?起きてからって意味? それなら、会ったのはキミが初めてだよ。」

「良かった。じゃあ、すぐに戻って。そうしないと、もう2度と戻れなくなるから。」

男の子の言っている意味が分からない。

でも、俺はこの言葉を聞いて、不気味なものを感じ始めていた。

続き→温泉旅館の異界

スポンサーリンク