悪魔が見える

60歳になる幸彦さんは、あるときを境に「僕には悪魔が見える」と言い出したそうだ。

最初は家族に言っていただけだった。

そのうち友達やご近所さんにも言うようになってきた。

それが冗談で言っている感じではないのだ。

真剣な顔をして、「僕には、悪魔が見える・・・・」と言っているのだった。

周りの人間は幸彦さんが怯えているようにも見えたと言う。

日に日におかしなことを言うことが増えたため、家族は心配した。

病院にも何度も連れて行ったが、一向に良くならず。

まったく良くならないどころか、日が経つごとに悪化していく幸彦さん。

見かねた家族は、知り合いの紹介で霊能者に見てもらうことになった。

その霊能者は、幸彦さんを見るなり言った。

「あなた、いったい何をしてきたんですか?!」

霊能者には、はっきり見えていたのだ。

幸彦さんのそばには、異形の禍々しい悪魔がいることを・・・・

霊能者に質問されても、知らぬ存ぜぬを通そうとした幸彦さん。

でも、霊能者の言葉を聞いて、話す気になったようだ。

「あなた、このままではとり殺されますよ・・・・」。

幸彦さんは、若い頃からあまり良い行いをしてこなかった。

学生時代は弱い者をいじめ、年頃になれば女遊びをして妊娠させた。

おろさせたことも何度もあったと言う。

人を傷つけてばかりの生き方をしていた。

霊能者曰く、負の念は長年積み重なって強くなっていくのだとか。

幸彦さんの場合も、負の念が蓄積していってしまい、いつしか大きな力を持ってしまった。

大きな力は、やがて具現化してしまったのだ。

負の念の具現化したものは、文字通りこの世の者ではないような不気味な姿をしている。

悪魔に見えたとしてもおかしくはなかった。

霊能者は言った。

「私にはこれを止める術がありません。あなたが、自分のしてきた悪行を認め、悔い改めれば、もしかすると助かるかもしれない。」

そして、幸彦さんのいない場所では、こうも言っていたという。

「負の念が、あそこまで大きな力を持ってしまうと、おそらくもう何をしても止めることはできないでしょう。彼は散々苦しんだ上殺されてしまうでしょう。本当は、もっと早い段階で気がつかねばならないことだったのに・・・・」

霊能者の言うとおり、幸彦さんはそれから3年後に亡くなった。

その3年間は、あまりに悲惨すぎる人生だったという。

もがき苦しみ、怯え、最後は自ら死を求め続けていたのだとか。

祟りというものが、この世の中にあるのかどうかはわからない。

でも、これはまさに負の念が長年積み重なって、祟りになってしまったのではないだろうか。

スポンサーリンク