雨の一夜 貞子のような女

その夜は、雨が降っていた。

高校生だった俺は、夜更かしをしていた。

次の日が休みだったのだ。

ふと、喉の渇きを覚えた。

食堂まで行くと、冷蔵庫を開けてみる。

飲み物が何もない。

コーラが飲みたかったが、買いに行くのが面倒だった。

でも喉の渇きには勝てずに、コーラを買いに行くことにした。

自動販売機は家のすぐそばだ。

雨だと少しの移動も嫌になる。

時間は、深夜1時だった。

傘をさして自動販売機まで行くと、自販機の横には女が立っていた。

傘もささずにずぶ濡れの女が、1人ポツンと。

真夜中に、たった一人で傘もささずに立っている女。

俺の目には、不気味に見えた。

なんだ、コイツ・・・・

気持ち悪い・・・・

女は黒髪のロング、白いワンピースを着ていて、まるで「ホラー映画・リング」の貞子のようだった。

女は、下を向いて雨に濡れたままピクリとも動かない。

怖っ。

さっさとコーラ買って帰ろう。

俺は500ミリのコーラを1本買うと、足早に家に戻ると、すぐに施錠した。

ああ、怖えぇ。

不気味過ぎるだろ。

俺は自宅に戻ると安心し、早速コーラを飲みながら自室に戻った。

部屋に入ると、部屋に置いてある電話の子機が鳴った。

内線電話がかかってきたのだ。

時計は深夜1時15分をさしている。

両親は眠っていて、家で起きているのは俺だけのはずだ。

内線は、食堂に置いてある親機からかかってきていた。

誰だ・・・・

俺は、恐る恐る電話に出てみた。

「・・・・・・・はい、もしもし?」

「・・・・・・・・・・・・・・・ガチャ・・・・・・・・・ツー・・・ツー・・・」

誰かが切った。

でも、電話機の故障ではないことはわかった。

何者かが電話してきたんだ。

でも、食堂には誰もいないはずだ。

もしかして、泥棒が侵入していて、何かの拍子で電話機に触ってしまったとか。

そう考えた俺は、あわてて食堂に向かった。

食堂に入り、電気をつける。

人が隠れられそうなスペースを、隈なく見て回ったが誰もいない。

電話も見たが異常は見当たらない。

さっきの内線電話は何だったのだろうか・・・・

電話機の故障だったのだろうか。

俺は、部屋に戻る。

そして、部屋の扉を開けて、絶叫した。

部屋には、さっき自販機の横で見かけた貞子のような女がいたのだ・・・・

「うわあぁぁぁわぁあぁああーーーーーー!!!!」

恥ずかしながら、俺は尻餅をついてしまっていた。

そのままの姿勢で、必死で逃げた。

両親に助けを求めに行ったのだ。

四つん這いで走るように、両親の寝ている部屋に向かった。

両親は、俺の叫び声を聞いていたのだろう。

俺が起こすまでもなく、廊下に飛び出してきていた。

俺は早口で今見たことを説明する。

そして、3人で俺の部屋へ向かった。

扉を開けるのが怖かった。

だが、この状況で現実を無視するわけにもいかない。

意を決して扉を開けてみた。

そこには、誰もいなかった。

先ほど見た貞子のような女は姿を消していた。

ただ、俺の部屋の中には、濡れていた。

まるで、部屋の中に雨が吹き込んだかのようにびっしょりと濡れていた。

窓は閉まっている。

だから雨が吹き込んだわけではないのだ。

一通り、部屋の中を確認した。

何も盗られていない。

俺の部屋だけでなく、家中の鍵も調べてみたが、壊されていない。

俺の部屋が濡れているということ以外に、おかしな点はなかった。

警察へ通報することしなかった。

通報してもおそらく無駄だと分かっていた。

あの女はおそらく人間ではないのだから。

スポンサーリンク