彼女が部屋の前で待っていてくれた

ある男性から聞いた話。


当時の俺は、24歳。

バイトで生計を立てていた。

そして、2歳下の彼女と付き合っていた。

ある日のこと。

その日は、ラッキーを感じながら家に帰った。

突然、バイトを3時間以上も早く上がることになったのだ。

自宅アパート前に着くと、彼女が俺の部屋の前で待っていた。

突然来るなんて珍しい。

前もって一言連絡してくれればいいのに。

「おう、どうしたー?」

「あ、おかえり。今日、ゆうちゃんと一緒に行きたいところがあって。」

俺と行きたいところ。

どこだろう?

まあ、今日はバイトがなくなったせいで、時間はたっぷりある。

「いいよ。どこ行きたいの?」

ということで、急遽二人で出かけることとなった。

彼女は行き先について教えてくれない。

「着いてからのお楽しみ」なのだという。

ふーん、ま、いっか。

どうせ暇だったし。

俺たちは、電車を乗り継いでだいぶ遠くまで来ていた。

こんなところに何があるのやら。

電車を降りると、山のほうに向かって彼女は歩き出す。

よくわからない土地のよく分からない山。

少し不安になってくる。

「おいおい、ホント、どこまで行くんだよ?行き先くらい教えてよ。」

そう尋ねても、彼女ははぐらかすばかり。

「だーめ。すっごく良い場所なの!ゆうちゃんも、絶対喜ぶからそれまで楽しみにしていて。」

うーん、そこまで言われると、こちらも楽しみにしていたほうが良いのだろう。

こうなれば、黙ってついていくしかない。

山道に入ろうかというところまできたとき、俺は無性にションベンに行きたくなってしまった。

周りにトイレはなさそうだった。

まあ、いいや。

立ちションをしてしまえ。

こういうとき、男は楽で良い。

「悪い、俺ちっとションベン!」

彼女に声をかけると、俺は茂みの奥へ向かった。

・・・・・・・・フー。

大量のションベンを放出し、一息つく。

そのとき、俺の携帯が鳴った。

ポケットから携帯を取り出し、液晶を見てみると、そこには彼女の名前が。

ん?

長い時間待たせたつもりはないけど、待ちきれずに電話してきたのだろうか。

俺は通話ボタンを押して、電話に出た。

「もしもし、どうした?」

「あ、ゆうちゃん?・・・あれ?やけに静かだけど、そこどこ?」

何をわけの分からんことを言っているんだ。

「ここ?ここは、どこぞの茂みだ。すぐそっち戻るから。」

俺が通話を切ろうとすると、受話器から彼女のおかしな言葉が聞こえてくる。

「え?今から、うち来るの?」

おいおい、意味が分からないぞ。

「あのな。お前が連れて行きたいところあるって言うから、こんな遠くまで来てるのに、意味分からないこと言ってからかうのはやめてくれ。」

少し腹の立った俺は、強めの口調で言った。

彼女は、すっとんきょうな声を出す。

「えー?なに言ってるの?私、ゆうちゃんのこと連れて行きたい場所なんてないよ。」

どういうことだ?

俺はその通話を切らないまま、さきほど彼女を待たせていたはずの山道へと戻ってみた。

誰もいない。

彼女の姿はない。

どういうことだ。

携帯からは彼女の声。

「もしもし、ゆうちゃん?もしもしー?」

さっきまで一緒にいたはずの彼女。

でも携帯で話している彼女は、俺をどこかに連れて行こうとはしていないという。

「もしもし、あのさ。お前、今どこにいるんだ?」

「え?私は家だよ。」

今通話中の彼女は、自分の家にいるという。

ここは、いったいどこだ?

なんで、こんな山道に連れてこられたんだ?

俺は誰を信じたらいいんだ・・・・?

その瞬間、あることに気がつき、全身にゾッとするものを感じた。

そいえば、さっきまで一緒にいた彼女は、なんで俺がバイトを早くあがれたことを知っていたんだ?

バイトの早上がりのことは、誰にも言っていないのに。

俺は、3時間以上早く帰って来たんだ。

本来その時間は俺がバイト中だと知っている彼女が、部屋の前で待っているなんて不自然ではないだろうか。

そこまで考えたとき、俺の後ろで声がした。

「ゆうちゃーん、どこまでおしっこに行ってたの?早く行こう!」

俺の後ろには、にこやかな笑顔を浮かべた彼女がいた。

自然な笑顔なのだが、俺にはとてつもなく怖い笑顔に感じた。

おそらく、本物の彼女は今通話中の彼女だろう・・・・

こいつ、誰なんだよ・・・・・?

俺は気が狂いそうな恐怖を感じて、目の前にいる女を無視して走り出した。

こいつは、姿形は彼女だけど、きっと人間じゃない。

こいつについて行ったら、きっと俺は殺されるだろう・・・・

もう、無我夢中で走った。

怖くて怖くて、パニック寸前だった・・・・

・・・・・・・・・気がつくと、俺は先ほどの名前の知らない駅にいた。

心臓は破裂しそうなくらいせわしなく活動し、肺もこれ以上酷使させたら破れてしまうのではないかと思った。

そこは、田舎の駅だった。

人は少なかったけれど、歩いている人の姿を見てどれだけ安心できたことか。

俺は泣きそうになりながら、自分の住んでいる駅に向かって電車に乗った。

・・・・・・・・自宅に帰り着き、本物の彼女に電話し、事情を説明すると絶句していた。

こんな洒落にならないような怪談を、にわかには信じられないようだった。

そう、俺が体験したことはまさに「怪談」そのものだった。

あの日以来、俺は少しだけ人間不信になってしまった。

今目の前にいる人間が、本当に自分の愛する人なのか・・・・?

それは、偽りの恋人や家族ではないのだろうか・・・・?

そう思わずにはいられないのだ。

スポンサーリンク