放課後の教室に忘れ物を取りに行った

中学校のころ。

どうしても必要なプリントを、学校に忘れてきてしまった。

時刻は、19時。

放課後というよりも、夜と言った方がいい時間だった。

どうしよう。

一人で暗い学校に取りに行くのも怖い。

でも、プリントが手元にないのもマズイ。

恐怖心と戦いながらも、俺は学校に戻ることにした。

・・・学校に到着した。

夜の校舎は、なんとも不気味な雰囲気だ。

警備さんに一声かけてから、教室に向かった。

廊下も真っ暗で、照明は「非常口」の明かりのみ。

こんなこともあろうかと、懐中電灯を持ってきていた。

でもまさか、こんなに暗いとは思わなかった。

俺が持ってきた懐中電灯は、豆電球のオモチャのような物だった。

これでは、よけいに怖くなってしまう気がした。

ホラーな雰囲気が増幅してしまうのだ。

まあ、明かりがないよりはましだろう。

暗いと勝手が違うため、教室にたどり着くのに少し時間がかかった。

俺はオモチャみたいな懐中電灯を頼りに、机からプリントを取り出し、すぐにカバンにしまった。

そのとき・・・・

教室の窓側から人の気配を感じた。

懐中電灯で照らして見ると、窓際の1つの席に誰かがいるように見えた。

席に座っているのだろうか。

「誰?」

思わず、大きな声で尋ねる。

クラスメイトだと思ったのだ。

でも、よく考えてみるとクラスメイトなわけがない。

こんな時間に教室に残っているわけがない。

なにより、暗い教室に一人で座っている奴なんて、どう考えても普通じゃない気がする。

俺の問いかけにも、返事はない。

俺は怖さを紛らわすためだろうか、人影に近づいてしまった。

自分でもなぜ近づいたのか、分からない。

座っていたのは、小学生くらいの男の子だった。

なんで小学生がいるのだろうか。

ここは中学校だ。

話しかけていいのかどうか迷いながらも、声をかける。

「君、ここで何してるの?」

男の子は、俺の声に反応してこちらを向こうとした。

だが、男の子が首を動かしたとたん、その子の首が

ゴロン

と取れてしまった。

そのまま、教室の床を転がった・・・・・

「うわぁああぁぁああぁあっぁーーーー!!」

俺は悲鳴を上げながら、逃げ出した。

とにかく走った。

暗闇の廊下で何度も転んだが、痛くもなんともない。

とにかく、逃げないとやばい気がした。

とんでもないものを見てしまった。

気がつくと、校舎の外まで逃げ出していた。

そして、震えながら家に帰った。

最悪の日となってしまった。

あんな怖い思いをしたことは生まれて初めてだった・・・・・

あの少年は幽霊だったのだろうか。

今でも、あのゴロンっと転がった首が脳裏に焼きついてしまっている。

スポンサーリンク