リゾートバイトの怖い話「失踪」2

前回→リゾートバイトの怖い話「失踪」

たった一部屋掃除するだけで、日給が〇千円上乗せされることに、喜びを感じていた。

これはかなりのラッキーだ。

仕事も楽なものに思えた。

オーナーとの約束通り、一人が使っていない部屋を掃除し、もう一人はドアを開けて廊下で待機する。

たったこれだけの仕事だ。

美咲さんとサキちゃんは、掃除と見張りを日替わりで交互に行った。

やってみて分かったことだが、思っていた通りの美味しい仕事だった。

そして、どんなに忙しいときでも、この仕事をするときだけはオーナーが協力的なのも嬉しかった。

たとえば、何かオーナーに頼まれごとをされたときでも、×××号室の掃除を優先してもらえた。

「あ、美咲ちゃんたち、これから×××号室の掃除に行くの?じゃあ、今のお願いキャンセルでいいよ。他の人にやってもらうから。美咲ちゃんとサキちゃんは、×××号室の掃除を優先してね。」

だが。

ある日のこと。

その日は、ホテル内がやけに混雑していて、人手が足りていなかった。

それでも、×××号室の清掃はしなくてはならない。

頃合いを見計らって、×××号室の清掃へと向かう美咲さんとサキちゃん。

その日の掃除は順番的に、サキちゃんだった。

必然的に、美咲さんは見張り役だ。

サキちゃんが室内の清掃をしている間、美咲ちゃんは扉を開けて廊下で待機していた。

5分ほど経過しただろうか。

廊下にいた美咲さんは、お客さんに話しかけられた。

混雑していて、ホテル内のサービスがしっかりと回っていなかったのかもしれない。

お客さんからは、小さなクレームをもらってしまった。

美咲さんは神妙に受け止め、サービス不足をひたすら謝った。

その間、×××号室の扉は閉めてしまっていた。

怒っているお客さんを前にして、清掃中の扉を開け放しにしているのは、失礼だと考えたのだった。

美咲さんにとって、×××号室の扉を開けておくことが、お客さんをないがしろにしてまで優先させるべきことだとは考えていなかったのだ。

彼女の対応の良さからか、お客さんの怒りはすぐにおさまり、部屋に戻っていった。

美咲さんは、お客さんの姿が見えなくなると、すぐに×××号室の扉を開けた。

そして驚いた。

さっきまで、掃除機をかけていたサキちゃんの姿が見えないのだ。

掃除機もろとも姿がない。

美咲さんは、扉を開けたままにして室内に入った。

洗面所やトイレなど見て回るが、サキちゃんの姿はない。

部屋の出入り口は1つだけしかないはずだ。

出入り口の真ん前には、美咲さんが居たのだ。

サキちゃんが、この部屋の外に出たとは考えにくい。

必死で探してみたが、サキちゃんの姿は忽然と消えてしまっていた。

これはどういうとことなのだろうか。

少しパニック気味になった美咲さんは、部屋を出てオーナーの元に向かった。

もしかすると、自分は大変なことをしてしまったのではなかろうか。

そんな気持ちが少なからず、芽生え始めていた。

一日〇千円の手当の正体はこれだったのかもしれない、と感じ始めていた。

オーナーを見つけると、今あった出来事を話して聞かせた。

話を聞いていたオーナーは、みるみる顔色が悪くなっていった。

最後には、少し震えてすらいた。

そして、搾り出すかのように呻いた。

「・・・・・・な、なんてことだ・・・・・・・」

怖い、美咲さんはそう感じた。

やはり、とんでもないことをしてしまったのだろうか。

美咲さんとオーナーは、すぐに×××号室に向かい扉を開ける。

そして、オーナーが言った。

「いい?今度は、絶対に扉を閉めてはいけないよ。俺が中を見てくるから、君はここで待ってて!」

怒っているように見えた。

オーナーは×××号室の中に入り、ひたすらサキちゃんを探して回った。

でも、サキちゃんは発見できなかった。

完全に、消えてしまったのだった。

その後、警察は来るわ、美咲さんは事情聴取されるわで、大変なことになった。

ただ、事件性はないということになってしまった。

理由は分からないが、警察の判断だった。

聞いた話によると、サキちゃんは家出のような扱いになってしまったそうだ。

・・・・それから、ずいぶんと時間が経過した現在。

未だにサキちゃんは発見されていないのだいう。

美咲さんは、涙ながらにこの話を話してくれた。

このホテルは今でも、運営しているのだとか。


管理人がこの話を聞いたのが、すでに6~7年前のことですので、今でもホテルが運営しているかは定かではありません。

スポンサーリンク