リゾートバイトの怖い話「失踪」

ここに書かれている名前は、すべて仮名です。


美咲さんは、リゾートバイトに応募し見事採用された。

冬場に某スキー場のバイトだった。

彼女は、友達との応募したわけではなく一人で行ったため、多少不安があった。

でも、その不安はすぐに払拭された。

サキちゃんという同じ年の友達ができたのだ。

家こそ遠いものの、話も合うし趣味もあう。

二人は、すぐに昔からの友達のように仲良くなれた。

また。

バイト先のホテルは、従業員同士の仲が良く、雇い主のオーナーも良い人だった。

美咲さんにとって、そこは楽しい職場となった。

仲良しの友達もできて、居心地も良いものだから、ずっとここで働きたいという気持ちにさえなっていた。

もちろん、リゾートバイトは期間限定でしか働けないのだが。

そんな素敵な職場で、一点だけ気になることがあった。

美咲さんやサキちゃんも、ホテルの客室係をやっていたのだが、一部屋だけ使われない部屋があったのだ。

どんなに混雑していても、絶対にその部屋だけは使わない。

最初のうちは、物置にでもしているのかと思っていた。

だが、そういうことでもないようだった。

中を覗いてみても、他の部屋と変わりがない。

パッと見たところ、おかしな点はないのだ。

「混雑時に、この部屋を使わないのはもったいない。」

美咲さんはそう思っていた。

そんな、ある日のこと。

ベテランの客室係りが、急遽二人も辞めることになった。

退職の理由は分からない。

そして、そのことが関係しているのか、美咲さんとサキちゃんはオーナーに呼び出された。

二人はオーナーの話を聞いたのだが、おかしな相談をされた。

「あのさ、美咲ちゃんとサキちゃんって仲良いよね? でさ、二人にお願いがあるんだよね。」

「はい、なんでしょう?」

サキちゃんが笑顔で答える。

「あのね。×××号室あるよね?」

×××号室とは、例の使われていない部屋のことだ。

オーナーは続ける。

「あの部屋の清掃を二人に担当してもらいたいんだ。 特別謝礼出すからさ。そうだな、一人一日〇千円上乗せするけどどうだろう? もちろん、バイト代も普通に出すからさ。」

一部屋清掃するだけで、一日〇千円も上乗せしてもらえるとはどういうことだろうか。

意味が分からないけど、話を聞いた二人にはありがたい提案に聞こえた。

「でも。」

オーナーはさらに続けた。

「約束してほしいことがあるんだ。×××号室には、一人で絶対に入らないこと。それに、必ず10分以内に部屋から出ること。清掃は一人で行って、もう一人はドアを開けて待っていること。使われていない部屋だし、毎日掃除しているわけだから10分以内での清掃も楽勝でしょ?」

オーナーが意図するところが分からないが、一日〇千円の上乗せは有難い。

二人は、この提案を二つ返事で承諾してしまった。

これが恐怖への入り口だとは知らずに・・・・

続き→リゾートバイトの怖い話「失踪」2

スポンサーリンク