呪われた洋館とフランス人形

その男性が先輩に聞いた話だという。


これは昔、先輩に聞いた実話です。

先輩はいわゆるヤンチャ系の人で、悪いことばかりしていました。

一言で言うと、ヤンキーですね。

その先輩、仮にAさんとしましょう。

10代のころ、Aさんは肝試しに行ったそうです。

不良仲間を集めて行きました。

向かった先は、有名な心霊スポットではありません。

たまたま見つけた場所でした。

古びた洋館のような雰囲気の屋敷です。

大通りから遠くに見えていたその建物は、見るからに幽霊屋敷ということばがピッタリでした。

Aさんたちは、バイクや車でその場に乗りつけ建物の中に入りました。

不法侵入です。

屋敷内に入ると、好き勝手に荒らして回りました。

物を壊したり、叫んだり、やりたい放題です。

「おーい、幽霊さんよー。出てこれるもんなんら出て来いよ。」

「俺とタイマン張ろうぜ。」

散々好き勝手にふるまいましたが、何も起こりませんでした。

もともと心霊スポットではないのですから、当然かもしれません。

屋敷の外に出ると、Aさんの友人の一人が大声をあげました。

「おい、誰だよ?こんなイタズラした奴?」

その友人は車で来てきたのですが、自分の停めてある車を見て大声をあげているのです。

その場にいたみんなの視線が、車に集まります。

車の助手席には、フランス人形がチョコンと座ってました。

車はロックされています。

だから、友人の誰かがイタズラするのには無理があるのです。

さっきまでの威勢はどこへやら、皆の顔色が悪くなっていきます。

「おい、嘘だろ。」

「これ、普通にヤバくね?」

口々につぶやいています。

Aさんは、心の中で屋敷の主に謝罪していました。

フランス人形が助手席に座っていたのは、警告ではないかと感じたのです。

これ以上攻撃してくるのなら容赦しない、という警告です。

不思議なことに、そこに来ていた友人たちのほとんどが、同じように解釈したそうです。

だから皆、心の中で謝罪しました。

でも、一人だけ攻撃的な態度を崩さない人がいました。

「面白いじゃん。おい、かかって来いよ。幽霊さんよ。」

皆、嫌な予感がしました。

これ以上挑発すると、良くないことが起きると感じていたのです。

案の定。

彼はひと月後、派手なバイク事故を起こし、左手に怪我をしました。

後遺症が一生残ってしまうほどの怪我でした。

Aさんは、彼のお見舞いに行ったときに言いました。

「今からでも遅くないから、屋敷の主に謝罪しろ。」

攻撃的だった彼も、事故後はおとなしくなり謝罪したぞうです。

というのも、事故を起こした理由が関係しています。

彼が言うには、運転中に空からフランス人形が降ってきたというのです。

それを避けようとして、事故が起きたそうです。

空から人形が降ってるくるなんてことがあり得るでしょうか。

Aさんは最後に言っていました。

「人はヤンチャしてもいいけど、最後の一線。人としての心を失ったらだめなのかもな。」

スポンサーリンク