アンティークの鏡

A子さんは、知り合いからアンティークの鏡をもらった。

おとぎ話の中に出てきそうな鏡で、A子さんは一目見て気に入ってしまった。

鏡は毎日使った。

化粧をするとき、メイクを落とすとき、お風呂上りのスキンケア。

だが、不思議なことがあった。

その鏡を使い出してからというもの、A子さんは日に日に元気がなくなっていったのだ。

友達からも心配された。

「A子、顔色悪いよ?大丈夫?」

このときはまだ、本人は気が付いていない。

自分は疲れてがたまっているのだと考えていた。

もらった鏡が、不調の原因などとは夢にも思わなかった。

あるとき、A子さんは夢を見た。

例のアンティークの鏡の前で、お化粧をしている夢だ。

でも、おかしいのだ。

鏡に映る自分の姿が、だんだんと知らない女性の姿に変わっていった。

初めて見る外国女性の姿だった。

その女性は、化粧中に突然苦しみだした。

女性の首を、男性の手が掴んでいた。

きっと、男性に後ろから首を絞められているのだ。

女性が首を絞められていると、なぜかA子さんも苦しくなった。

過去味わったことがないくらいの苦しみだ。

苦しみの後で、フワッと意識が遠くなりそうになる。

そのときは気持ち良さすら覚えた。

そして、そのまま記憶がなくなった。

気がついたときは、朝だった。

嫌な夢だった。

A子さんは、トイレに立つ。

そして、トイレの鏡を見て愕然とした。

顔色は悪く、目の下はクマができている、首筋には謎のアザまであるではないか。

首をこすっても、アザは消えなかった。

さっきのは夢ではなかったのだろうか。

その日を境に、A子さんは繰り返し同じ夢を見るようになった。

鏡の前で自分が化粧をしていると、いつの間にか知らない女性の姿に変わっていて、最後は知らない男に首を絞められて終わるのだ。

・・・・・・・あるとき、A子さんは霊感の強い女性と知り合った。

その霊感の強い女性に開口一番言われてしまった。

「あなた、なにを連れてるのっ?!今すぐ、何とかしないと、身体を乗っ取られるよっ!」

思い当たるところがあるA子さん。

その霊感の強い女性に、アンティークの鏡のことを詳しく話した。

このときには、鏡と自分の不調の関係を疑っていたのだ。

その女性は真剣な顔で言った。

「悪いことは言わないから、すぐにでもその鏡を手放しなさい。そうしないと大変なことになるから。」

次の日、アンティークの鏡をリサイクルショップで売却した。

すると、体調がみるみる良くなった。

例の夢も見なくなった。

不思議なことがあるのものだ。

昔から、物は人の念がこもるという。

古い物なら尚更だろう。

今頃、あの鏡をどこかで誰かが使っているのかもしれない。

スポンサーリンク