死を招く子供の幽霊

これは、Aさんが体験した話。

Aさんは、あるとき美容室に髪を切りに行った。

今まで通っていた美容室ではなく、新規の場所だった。

中に入ってみると、良い雰囲気だった。

こじんまりしているがお洒落な店内、お客さんは多く、スタッフの対応も良かった。

Aさんは、好印象をもった。

次回からは、ここへ通おうと思えるほどだった。

でも、1つだけ気になることがあった。

そこにいる男性スタッフが気になったのだ。

彼はシャンプーを専門にやっていた。

まだ、入って日も浅いのかもしれない。

Aさんは、別の女性スタッフからシャンプーをしてもらったので、その男性スタッフと関わることはなかった。

関わっていないのだから、接客態度云々の話ではない。

その男性スタッフのおかしい点に気が付いてしまったのだ。

いや、正確に言えば男性スタッフにおかしな点はない。

むしろ、真面目そうな好青年だった。

何がおかしいのかというと、その男性の両隣に幼い男女がベッタリとくっついているのだ。

最初は、そのスタッフの子供だと思った。

若いパパなのだろうと思っていた。

でも、新人スタッフが子供を連れて働けるものなのだろうか。

店長クラスならある程度の自由が利くかもしれないが、新人スタッフにそんな自由が与えられるのかは疑問だ。

さらに、その子供たちはAさん以外に見えていないようなのだ。

Aさんの目には、子供たちの姿がはっきりと見えている。

だから、幽霊の類であるというのは信じられない。

なぜ、Aさんにしか見えていないと思ったのかと言えば、別のスタッフに子供のことを聞いてみたからだ。

「あの子たちは、誰の子なんですか?」

でも、尋ねられたスタッフは不思議そうな顔をしている。

「子供?どこにいるんですか?」

おかしな返答だ。

そして、他にもおかしな点に気が付いた。

その子供たちはときどき、例の男性スタッフに噛み付くのだ。

甘噛みというレベルではない。

まるで、フライドチキンでも食べているかのように噛り付くのだ。

齧られると痛みがあるのか、男性スタッフはその度に顔を顔をしかめていた。

いろいろと気になることがある者の、Aさんにはどうすることもできなかった。

・・・・その後。

Aさんは、その美容室に行ってみたことがある。

そのときには、例の男性スタッフの姿はなかった。

他のスタッフに、さりげなく聞いてみる。

すると、こんな返事が返ってきた。

「ああ、それT君のことですね。T君、急に無断欠勤が多くなって、1年前くらいに辞めちゃいましたよ。」

1年前というと、ちょうどAさんがその店に行った頃だった。

そして、そのスタッフは内緒話も聞かせてくれた。

「噂ですけど、T君は亡くなったって噂があるんです。最後の方、すごく顔色悪かったから。あ、これ内緒ですよ。」

口の軽いスタッフだったようだ。

気になるのは、その噂が本当だとしたら。

あの子供たちは、死を招く子供ということになるのだろうか。

Aさんはそれ以来、その美容室には行っていない。

スポンサーリンク