泣きじゃくる女

仮に加藤さんとしておこう。

加藤さんは、一人旅の途中でとあるホテルに泊まった。

案内されたのは、4階の部屋だった。

安いホテルだったため、それほど綺麗ではなかったが、貧乏旅行には十分な部屋だと思えた。

ホテルに荷物を置くと、その日は観光を楽しんだ。

観光疲れとでも言うのだろうか。

ホテルに戻ってきたときにはクタクタで、ベッドに入るとすぐに眠りについてしまった。

コンコン

コンコン

・・・・・・真夜中、ふと目が覚めた。

何か物音が聞こえた気がする。

コンコン

部屋を見渡した。

電気をつけたまま眠っていたようだ。

音の正体も分かった。

どうやら、誰かが部屋の窓を叩いているのだ。

なぜ部屋の窓を叩かれているのかは分からない。

だが、呼ばれるままに窓のそばに行ってみた。

窓の外は、ベランダのようになっていて、人が立つスペースがある。

そこに、1人の女が立っているではないか。

女は、泣きじゃくっていた。

加藤さんが、真っ先に感じたのは恐怖だった。

知らない女が部屋の外で泣きじゃくっていれば、怖さを感じても無理はないだろう。

抵抗があり窓は開けなかったが、何があったのかと理由を尋ねる。

「どうしたんですか?」

女は返事をした。

「私は隣の部屋に泊まっている者です。ベランダから外の景色を眺めていたら、窓が開かなくなってしまいました。もう1時間以上、外にいます・・・どうか、部屋の中に入れてもらえませんか?」

隣に泊まっている人だったようだ。

話に不自然な点は見当たらない。

きっと、ずっと困っていたのだろう。

頭では納得できた。

でも、加藤さんは窓を開けるのをためらった。

最初に感じた恐怖があるからだろうか。

理由は分からないが、ためらいがあった。

この女性を、部屋に招きいれていいものだろうか。

少し迷った末、フロントへ電話することにした。

その女性を助けるには、自分が部屋に入れるよりも、ホテルの人間に任せるのが一番だろうと判断したのだ。

・・・・・・・・フロントは、なかなか電話に出てくれなかった。

十数回コールが鳴ったところで、やっと電話が通じた。

加藤さんが、フロントのスタッフに事情を説明した。

「少々お待ちください。確認してまいります。」

少し待つと、スタッフはこう言った。

「お待たせしました。お客様のお部屋は、4××号室でございますね。その両隣のお部屋は、本日使用されておりません。」

その瞬間、加藤さんの全身が冷たくなった・・・・

あわてて、ベランダを見ると、そこには誰もいなかった。

フロントの電話を切り、もう一度入念に調べてみたが、ベランダには誰もいない。

あの女は、いったい何者だったのだろうか。

もしも、あのまま部屋に招き入れてしまっていたら、加藤さんはどうなっていたのだろうか。

スポンサーリンク