笑う少年

Bさんは助手席に乗っていた。

車を運転しているのはAさんだ。

時刻は夕方だった。

車通りの少ない道を走っていると、前方にゆっくりと走っている車が見えた。

あのスピードは、時速30キロも出ていないだろう。

「遅せえよ。」

Aさんは心の中で呟きながら前の車を追い越した。

その瞬間、なんだか気分が悪くなった。

気味の悪いものを感じたのだ。

「今の気味の悪さは何だろうか?」

疑問を感じながら、ふとバックミラーを見た。

先ほど追い越した車が見える。

運転席には中年男性が座っているのが見えた。

助手席には、小学生くらいの男の子が座っているようだ。

だが、どうも少し様子が変だ。

その少年、髪の毛がボサボサだった。

バックミラー越しでも一瞬でわかるくらいにボサボサだ。

まるで原始人のようだった。

様子がおかしいと感じたは、少年の髪型だけではない。

少年は、大きな口をあけて大笑いしているのだ。

その笑い方が異様に見えた。

Aさんは、助手席のBさんに聞いてみる。

「なあ、後ろをゆっくり走っている車があるだろ? そこに、変な小学生くらいの少年が乗ってるの見えるか?あの少年、ちょっと変じゃないか?」

「え・・・・? ああ、いるね。男の子が。なんだか楽しそうに笑ってるな。・・・・あっ!」

Bさんも、後ろの車のおかしさに気付いたらしい。

その少年は大笑いしているのに、隣で運転している中年男性は無表情なのだ。

「・・・・俺さ。あの車、気味が悪い。あの少年、なんであんなに笑ってるんだよ? それに、今の日本であんなに髪がボサボサの子、見たことねえし・・・・」

Bさんが、そう言葉にしたときだった。

後ろの車が、急にスピードを上げた。

どんどん、加速する車。

Aさんの車は慌てて車線変更して、なんとか避けることができた。

後ろにいた車は、さらに加速していく。

ゆうに100キロ以上は出ていると思われた。

次の瞬間、車は横のガードレールに突っ込んで大破した。

もう少し距離が近ければ、Aさんの車にも被害が出そうなぶつかり方だった。

一本道で、ガードレールに突っ込むなんて。

Bさんは、青ざめた顔でぼそりと言った。

「今の見た?前の車が衝突するとき、横の少年がハンドルいじってた・・・・」

二人は、すぐに救急と警察に連絡した。

そして、大破した車から運転手の男性と、例の少年を救出しようと、近くに行ってみた。

だが、車内に少年の姿は見えなかった。

後から分かったことだが、この車の運転手は即死だったそうだ。

他に乗車している人間は居なかったそうだ。

あの少年はどこに消えてしまったのだろうか。

スポンサーリンク