強烈な加齢臭

10年近く前の話だそうだ。

その男性を仮に高橋さんとしておこう。

高橋さんは当時付き合っていた彼女と、とあるホテルに泊まったそうだ。

二人で一緒に風呂に入り、バスルームから出た。

すると、部屋が異様に臭いことに気が付いたのだとか。

「なんだこの臭いは?!」と思い、窓を開けて換気扇をつけたそうだ。

私(当サイトの管理人)が、「それは、どんな臭いだったんですか?」と尋ねると、高橋さんは表情を険しくして答えた。

「・・・・強烈な加齢臭です。後にも先にも、あんなに強烈な加齢臭は初めて嗅ぎました。」

続けて、そのときの様子を語ってくれた。

風呂に入る前は、そんな臭いはしなかった。

部屋は臭くなんてなかったのだ。

でも、風呂から出てみると異様な臭いが充満している。

そして、高橋さんは彼女の異変にも気が付いた。

彼女は風呂から出ようとしたときから、明らかに様子が変になっていた。

挙動不審とでも言おうか。

まず。脱衣所ではなく、バスルームで着替えをしている。

しかも、まだ体が濡れているのに服を強引に着ようとしているのだ。

さらには、彼女の足はガクガクと震えていることにも気が付いた。

高橋さんが、「どうしたの?」と尋ねると、真っ青な顔をしてか細い声でこう訴えてきた。

「早く逃げよう・・・」

高橋さんは意味がわからずに聞いた。

「え?どういう意味?」

彼女は首を振って答えたくないというジェスチャーをした。

それでも尋ねると、「ベッドの上・・・」とだけ返事をした。

高橋さんはすぐにベッドの上を見た。

何もない。

一応、部屋の中を見渡したが何もない。

彼女はその間にも、荷物を持って部屋を出ようとしていた。

「ちょっと待ってよ。なんで出るの?」

高橋さんが止めても、彼女は部屋を出てしまった。

当然彼女を追いかけて、高橋さんも部屋の外に出た。

そして、もう一度同じことを聞いた。

「なんで部屋を出るの?」

部屋の外では、理由を話してくれた。

彼女が言うには、ベッドの上に汚いおじさんが寝ているというのだ。

もちろん、そんなおじさんは寝ていなかった。

というか、高橋さんには見えないと言った方が的確な表現なのかもしれない。

彼女に霊感があるのかと言えば、今まで霊を見たことはないらしい。

そもそも彼女は、そのおじさんを霊だとは思っていないようだった。

危ない人が部屋に入ってきたと思い怯えていたのだ。

高橋さんは彼女を説得し、もう一度部屋に戻ってみた。

彼女曰く、まだおじさんは寝ているという。

高橋さんにはそれが見えない。

だが、強烈な加齢臭だけは感じることができる。

だから、彼女の言うことを信じることができた。

すぐに二人でフロントまで行き、部屋を変えてほしいと申し出た。

対応してくれたのが、ベテランのスタッフさんだったらしく、すぐに別の部屋を手配してくれた。

理由は一切聞かれなかった。

移動した部屋は快適で、何の問題もなかった。

ここまで話を聞いたところで、私は高橋さんに聞いてみた。

「幽霊っていると思いますか?」

高橋さんは困ったように笑いながら答えた。

「いないと思います。と、答えるのが大人の返答でしょうね。でも僕はこの体験をしてますからね。いるかもしれないな、とは思いますね。もし幽霊がいないとなると、僕の体験の説明がつきませんからね。」

スポンサーリンク