異世界につながる扉 前編

20代の男性から聞いた話。


俺はこの世界で前向きに生きようと思っている。

この話をすると、きっと頭がおかしい奴だと思われる。

いいや、本当に俺の頭がおかしいのかもしれない。

正直なところ分からないんだ。

だから、家族以外の他人に話したことがないし、これからも話す気はない。

今から3年ほど前だった。

俺は、デパートのバイトの面接に来ていた。

デパートのバイトと言えば、みんなが憧れる職業だ。

かっこいい男の仕事は、デパート店員と決まっている。

ほら、すでに頭がおかしいと思うだろう。

笑えるよな。

俺は今でも、デパートの店員は最高にかっこいいと思ってるんだから。

話を戻すが、俺はバイトの面接でとある大手のデパートに来ていたんだ。

エレベーター前のベンチで待たされること、かれこれ20分。

面接をしてくれる人はなかなか来ない。

隣には大学生くらいの男性が、やはり長いことベンチに座っている。

この男性もきっと面接に来たのだろう。

俺は手持ち無沙汰のままキョロキョロとあたりを見回した。

俺の視線は、小さな扉で止まった。

大人一人がかかんで、ようやく通れるくらいの扉だった。

大手のデパート内にあるとは思えないほど、陰気臭い扉だった。

いまにも朽ちそうな木でできた扉だ。

「あの扉、気になりますよね?」

俺の視線が扉に釘づけになっていることに気が付いたのだろう。

隣にいる大学生くらいの男性が話しかけてきた。

「うん。なんですかね?」

見れば見るほどおかしな扉だった。

明らかにデパートの雰囲気にそぐわない。

男性はイタズラッ子のような目をこちらに向けた。

「中、見てみましょうか?」

俺は返事に困る。

中は見てみたい。

だが俺は面接に来ているのだ。

勝手な行動をとって面接に落とされるのは御免だ。

なにせ、デパートの仕事は例えバイトでも敷居が高い。

選ばれた者だけが就くことができる職業なのだ。

俺が返事に困っていると、その男性は扉に近づきドアノブに手をかける。

そして扉を開けた。

埃っぽい臭いが俺のところまで届いてきた。

中は暗くてよく見えなかった。

その男性はスッと中に入ってしまった。

扉は自然にゆっくりと閉まった。

俺は中の様子が気になり、聞き耳を立てる。

男性が中の情報を教えてくれるような気がしたのだ。

30秒ほど経過しただろうか。

中から先ほどの男性の声がした。

「あ、これが履歴書です。よろしくお願いします。僕以外にももう一人面接に来ているようですが、入って来ませんね?」

え。

バイトの面接はこの中で行われるのだろうか。

もしも面接がこの中で行われるのなら、すぐに中へ入った方が良さそうだ。

だが、俺は少しだけ躊躇した。

こんな場所で面接が行われるだろうか?という疑問が少なからずあったのだ。

俺が悩んでいると、扉の中からまた声が聞こえた。

先ほどの男性の声だ。

「入ってこないようですね。じゃあ、僕だけ合格ですよね?」

その声を聞いて、俺の中で迷いが消えた。

すぐに立ち上がり、その小さな扉を開けると、かがんで中に入った。

思っていた以上に中は暗かった。

後ろの扉が閉まると、完全な闇だった。

そしてとても埃臭くてむせそうになる。

俺は咳を我慢しながら、手探りでバッグから履歴書を取り出した。

「●時からのアルバイトの面接に来ました××です。」

・・・・返事はない。

「あの、アルバイトの面接に来ました××です。担当の方はいらっしゃいますでしょうか?」

やはり返事はない。

真っ暗闇が正直言って怖かった。

一度、先ほどの明るい場所に戻ろうと思った。

そもそもとして、小さな扉の中に入れという指示は受けていないのだ。

俺はさっきの場所に戻ろうとして、手探りで小さな扉を探した。

だが、一向に扉は見つからない。

どんなに探しても扉がないのだ。

扉どころか、壁すらない。

あるのは暗闇だけだった。

俺はその時になって、恐怖を感じ始めていた。

ない、扉がない。

心は冷静ではなくなってくる。

暗闇で腕を大きく動かしながら、壁を探した。

でも、腕は虚しく空を切るだけだ。

そうだ。

暗いから怖いのだ。

明かりさえあればきっとすぐに扉は見つけられるはずだ。

そう思い、俺は携帯電話を取り出して明かりをつけようとした。

だが明かりがつかない。

くそ。

何度ボタンを押しても、明かりがつかない。

理由は分からない。

そのときの俺の携帯電話は少し壊れかけていて、2~3日に1度まったく反応しないときがあった。

運悪く、その不調がこのタイミングで出てしまったらしい。

俺は携帯を修理に出さなかったことを激しく悔やんだ。

くそ、点け、点け。

だが何度試しても携帯は反応してくれなかった。

俺はへたへたと床に座り込んだ。

泣きたかったが、まだどこかで他人の目を気にしていたのだろうと思う。

ここで泣くわけにはいかないのだと涙は我慢していた。

突然面接官が現れる可能性も捨てきれないのだ。

だが、誰も現れることなく時間はどんどん経過していく。

腕時計もしていない上に、携帯も反応してくれない。

この中に入ってからどれくらいの時間が経ったのかわからない。

目を開けていても閉じていても変わらない暗さ。

俺は自然と目を閉じていたのだろう。

・・・・気が付いたら、ベッドの上だった。

良かった。

あれは夢だったのだ。

そう思った。

だが、目が覚めた場所は俺の知らない場所だった。

知らない部屋。

生活感のある男の部屋だった。

どこか懐かしさを感じる男の部屋だった。

お世辞にも綺麗とは言えない部屋。

その部屋のベッドに、俺は一人で眠っていたのだ。

意味がわからない。

これはまだ眠りから覚めておらず、夢の続きを見ているのかと思ったほどだ。

夢から覚めるのを待ってみたが、覚めるわけがない。

これがきっと現実なのだ。

・・・起きてみることにした。

起き上がってみて気が付いたのだが、俺は見慣れないパジャマを着ていた。

ちょっとだけ小汚く、微妙に丈のあっていないパジャマだった。

ベッドから抜け出すと部屋を出てみた。

部屋を出るとそこは、フローリングの床の廊下だった。

やはり知らない場所。

どこかの民家らしい。

俺はとりあえず目についた部屋の扉を開けてみることにした。

続き→異世界につながる扉 後編

スポンサーリンク