不思議な体験・中学の修学旅行

これは、ミナコちゃん(仮名)が中学の修学旅行で体験した話。

修学旅行で京都に行ったミナコちゃん。

京都では、班行動で観光していた。

6人の班だ。

ところが途中、お土産を個人個人で買っていたところ、ミナコちゃんははぐれてしまった。

京都に土地勘はない。

1人は心細かった。

そんなとき、違うクラスの女子を発見した。

トモエちゃんという子だ。

クラスも違うし、ほとんど話したことがなかった。

でも、今は京都で迷子状態のミナコちゃんだ。

トモエちゃんを発見し、安心することができた。

「あー、トモエちゃーん。分かる?私ミナコ。」

嬉しくて声をかけると、トモエちゃんもそれに応えて嬉しそうに返事をしてくれた。

どうやら、トモエちゃんも班のメンバーとはぐれてしまったそうだ。

1人の迷子よりも、2人の迷子の方がずっと心強かった。

とりあえず、学年のみんなが集合する場所があるので、そこに2人で向かおうということになった。

ただ、集合時間までにまだかなりの時間があった。

空いている時間は、「二人で一緒に京都観光しちゃおう!」ということに決まった。

テンションも上がる。

トモエちゃんとは話したことがなかったけれど、話してみると楽しい子だった。

そして、なぜかトモエちゃんは京都の街に詳しく、いろいろと案内してもらえた。

2人ではしゃぎながら、お土産を選ぶのもとても楽しかった。

ミナコちゃんは、「ああ、迷子で心細かったけど、トモエちゃんに会えて本当によかった。いい友達もできたし。」と、喜んでいた。

そして、そろそろ集合時間だからと、学年のみんなが集まる場所に向かった。

・・・・・・・・・・班の子達と再会すると、心配してくれているようだった。

「もうー、ミナコどこ行ってたの?心配したんだよー!先生に、ミナコが迷子のこと言っちゃったから、先生たちにも無事を伝えなくちゃ。」

「心配させてごめんね。でも、私は一人じゃなかったんだよ」

そう言ってミナコちゃんは、隣にいるトモエちゃんを見た・・・・

トモエちゃんがいない。

どこかで、はぐれたのだろうか。

今さっきまで一緒にいたはずなのに。

同じ学校の生徒がたくさんいて、トモエちゃんの姿がなかなか見つけられない。

ミナコちゃんは、トモエちゃんのクラスの生徒を見つけて聞いてみた。

「ね、トモエちゃんどこ行ったか知らない?」

「え?ああ、トモエちゃん。熱が出たとかで、修学旅行に来ていないんだよ。お休み。」

「・・・・え?」

そんなはずはない。

だって、さっきまでずっと一緒にいたし、この集合場所にだってトモエちゃんが案内してくれたのだ。

彼女の担任の先生に確認してみても、やはりトモエちゃんは今日は来ていないということだった。


迷子のミナコちゃんと、一緒にいてくれたのはいったい誰だったのだろうか・・・・

修学旅行を楽しみにしていたという、トモエちゃんの生霊だったのであろうか。

スポンサーリンク