怪談「会社の寮のお札」

佐藤さんは、大学を卒業して食品会社で働き始めた。

このご時勢、4流大学を卒業して、ちゃんと就職できるだけでもありがたい。

さらに、その会社は寮まで用意してくれていた。

寮といっても、綺麗とは言えないアパートではあったが、タダ同然で住まわせてもらえるのだから文句はない。

佐藤さんに用意されたのは、アパートの1階の角部屋だった。

もう1年ほど誰も住んでいないということだ。

中は、ホコリとクモの巣だらけで掃除は大変だった。

そして、気になったのは柱に貼り付けられた1枚のお札だ。

この部屋は、なにかいわくつきの物件なのだろうか・・・・

そんな風に勘ぐってしまう。

また、佐藤さんはさらに気なることがあった。

雑巾がけをしているときに、そのお札が剥がれてしまったことだ。

すぐに、貼りなおそうとしたが、もう柱にくっ付いてくれない。

セロハンテープで強引にもう一度貼り付けたのだが、お札の効力が続いているのかが心配だった。

ただ、そんなことを忘れてしまうくらい、仕事はハードだ。

毎日毎日、帰ってくるのは終電間際。

はっきり言って、幽霊や祟りなんかを気にして入られなかった・・・

だが・・・・

その日も、佐藤さんは仕事から帰ってくると、食事もそこそこにすぐに眠ってしまった。

疲れているので、眠りは深くなるはずだった。

夜中にある音で目が覚めた。

ギシ

ギシ

なにやら音がする。

目を開けてみると、どうやら上の階の人が音が鳴るようなことをしているようだった。

時計を見ると、2時半だ。

勘弁してくれよ。

佐藤さんは、もう一度目を閉じた。

・・・・・・・・それからというもの、毎晩のように午前2時半になると音が聞こえた。

ギシ

ギシ

その度に眠りを妨げられる佐藤さんは、怒りが蓄積していってた。

しまいには爆発した。

毎晩毎晩、上の階の人は何してるんだ。

佐藤さんは、自分の部屋を出ると自分の真上の階の部屋を訪ねた。

ピンポーン

インターホンを鳴らしても誰も出てこない。

ピンポーン

もう一度。

しばらくすると、ドアからは眠たそうな顔の中年男性が顔を出した。

「あのすみません。下の階の佐藤です。毎晩毎晩、うるさくて眠れないのですが。音たてるのどうにかしてもらえませんか?」

「・・・・・おたく、なに言ってんの?俺は、今も眠ってたんだから、音なんてたてるわけないだろ・・・・・ああ、あんた101号室の人か。あの部屋に住むんなら、音くらい我慢しろよ。」

そう言うと、中年男性は迷惑そうな顔でドアを閉めた。

どういうことだろうか。

「あの部屋に住むんなら、音くらい我慢しろよ。」だと?

それどういう意味なのだろう。

その言葉の意味は、1週間後に理解できた。

毎晩毎晩続く謎の音。

ギシ

ギシ

音に腹を立てた佐藤さんは、原因究明のためにいろいろ調べたのだ。

夜2時半。

ギシ

ギシ

音が鳴り出すと、その音の鳴っている真下に行ってみた。

どうやら、キッチンの天井からその音が聞こえる。

佐藤さんは、キッチンの天井を棒でコツコツと叩いてみた。

ネズミの可能性を考えたのだ。

何度も何度も、棒で叩いた。

すると、突然。

音がぴたりと鳴り止んだ。

やっぱりネズミだったか?

そう思ったそのとき。

天井から、白目を剥いた男がヌッと顔を出したのだ。

突然のことに佐藤さんは、腰を抜かしそうになった。

白目を剥いた男は、天井から逆さに吊られたような状態で、ブラーン、ブラーンと、体を揺らしている。

その度に、天井が

ギシ

ギシ

と音を立てた。

佐藤さんは、恐怖のあまり、しばらく言葉を失っていた。

気がついたときには、部屋を裸足のまま飛び出していた。

その夜は、部屋には帰らず、近所の公園で野宿をしたのだった。

その間も、ずっと恐怖心は消えなかった。

・・・・・・・・・・・・その後分かったことなのだが、佐藤さんの住んでいたその部屋は、会社では有名な「出る部屋」だったそうだ。

そんな部屋を、説明なく押し付けてくる会社に疑問を抱き、その後会社を辞めることにした。

今は、居酒屋で雇われ店長をしている佐藤さん。

それ以降、心霊体験はしていないそうだ。

スポンサーリンク