本当にあった怖い話「誘拐犯?」

昔の話。

幼稚園の年長のころだった。

その日の僕は、友達と一緒に遠くまで出かけていた。

家からかなり離れたところだ。

遠くまで行っても、何をするわけでもない。

車通りの少ない道で、道路にチョークで絵を描いて遊んでいた。

すると、知らないおじさんが話しかけてきた。

人の良さそうなおじさんだ。

僕たちは会話をした。

でも、おじさん。

僕らに、おかしなことばかり聞いてくる。

「どのあたりに住んでるの?」

「自分の家の住所わかる?」

「じゃあ、電話番号は?」

僕は警戒心の強い子供で、そういった類の質問だけははぐらかした。

そのまま会話を続けていると、おじさんは僕たちを自分の家に招待してくれると言い出した。

「おじさんの家に遊びにおいでよ。うちに来れば、君たちの欲しがっているシールがたくさんあるよ。」

当時の僕たちは、あるシールを夢中で集めていた。

警戒心の強かった僕も、シールの話をされると心が動いてしまう・・・

でも、駄目だ。

知らない人についていくのは危険だ。

友達は完全についていく気満々のようだった。

シールに釣られてしまっている。

僕は、強引に友達の手をとり言った。

「おい、そろそろ行くぞ。僕たちは、この後行くところがあっただろ。」

本当は、行くところなんてない。

だんだん、目の前のおじさんが危ない人に見えてきていたのだ。

僕の家は両親が厳しかった。

「知らない人には絶対についていくな」と、厳しく教育されていた。

僕たちがおじさんの家に行く気がないことがわかると、おじさんは酷くがっかりしたようだった。

でも、僕たちにこの後の予定がないことには気づいていたのだろう。

おじさんは言った。

「じゃあ、少しここで待っていて。いい物を持ってきてあげるから。」

そして、自分の車を停めてあるだろう駐車場の中に消えていった。

僕はなんだか嫌な予感がした。

だから、友達にシーっと声を出さないようジェスチャーで伝えると、おじさんの後をこっそりつけた。

すると、おじさんは駐車場に入り、車のトランクからスパナを取り出した。

そして、スパナをズボンに隠すと、さっき僕たちがいた場所へ向かって歩き出した。

それを見た僕は、おしっこを漏らしそうなくらい怖くなった。

おじさんは、僕たちが駐車場の車の陰に隠れているだなんて知らない。

だから、こっそりと逃げ出すことができた。

もう、物音を立てぬよう細心の注意を払いながら逃げ出したんだ。


もしも、あのとき。

おじさんに付いて行っていたら・・・・

もしも、あのとき。

おじさんの「待ってて」の言葉を信じて、その場所を動かずに待っていたら・・・・

そう考えると、ぞっとする。

スポンサーリンク