薄気味悪い深夜の残業オフィス

これは、私が転職する前の会社で体験したことです。

その会社はいわゆるブラック企業で、毎日仕事は山積み。

就業時間内に終わるような仕事量ではありませんでした。

毎日のように残業か家へ持ち帰りで、へとへと状態です。

そんなある日のこと。

私は会社で残業をしていました。

他にも同じオフィスには数名残っていたのですが、時間の経過とともに減っていきます。

気が付くと時刻は11時近くです。

そのフロアにいるのは私だけになっていました。

もういい加減帰ろう。

そう思ったときです。

突然の金縛りに襲われました。

全身が全く動かなくなってしまったのです。

意味が分かりません。

最近、疲れていたからでしょうか。

そう考えていると、今度は私の足に何かが這っているような感覚を覚えました。

蛇・・・?

言葉で言い表すことができない、不気味な何かが這っています。

その何かは、ズリズリと私の身体を這い上がってきました。

ついに首元まで来てしまいました。

そして、ゆっくりとですが確実に私の首を絞めているのです。

もう、怖くて怖くて叫びたいし、助けを呼びたいのですが、金縛りは一向に解ける気配はありません。

どんどん苦しくなってきます。

ああ、私はここで死ぬのかもしれない。

私が諦めそうになったとき、誰かが私の肩を叩きました。

その瞬間に金縛りが解けたのです。

助かった!

私はすぐに後ろを振り向きました。

真後ろには、びっくりした顔の警備員さんが立っていました。

メガネをかけた警備員さんでした。

「あの、苦しそうにしていましたが大丈夫ですか?」

「ああ、はい!お声をかけて頂いてありがとうございます!本当に助かりました!」

必要以上に感謝している私の態度に、驚いた様子の警備員さんだったのですが、

「お疲れなんじゃないですか?あまり無理なさらないでくださいね!」

と言ってくれました。

そのまま、警備員さんは戻っていきました。

あのままだったら、死んでいたかもしれません。

先ほどの得体のしれない何かに、殺されていたかもしれないのです。

そう考えると、あのメガネをかけた警備員さんは命の恩人です。

帰り際警備室に行き、もう一度お礼を言おうと思いました。

私はPCの電源を落とすと、荷物をまとめて帰り支度を。

そして、その足で警備室に顔を出しました。

ノックをして中に入ると、中年の男性が椅子に座っていました。

「あの、すみません。もう一人の方はいらっしゃいますか?」

「はあ?もう一人と言いますと?」

「さきほど建物を巡回されていたもう一人の警備の方?」

「さきほどですか?何時くらいのことですか?」

怪訝そうな表情の警備員さんを気にすることなく、私は答えました。

「10分くらい前のことです。」

「10分?ここ数時間は、警備員は私一人しかいませんよ。」

「そんな。絶対いましたよ。メガネをかけた方!」

「うーん、あのですね。うちの警備員でね、メガネをかけた奴は働いてないんですよ。」

絶句。

さっきの人は誰だったのでしょうか。

もしかして、助けてくれたのではなくて、あの人が私の首を絞めていたのでしょうか。

いいえ。

きっとあのメガネをかけた警備員さんは、私を助けてくれたに違いありません。

そうでないと怖くなってしまうので、プラスに考えるようにしています。

スポンサーリンク