恩師の知らせ 最期の手巻きオルゴール

これは、実際に体験した話です。

怪談や怖い話というよりは、不思議な話に分類されるのではないかと思います。

私が、中学二年生のときに担任だった先生(仮に田中先生)は、男性でした。

田中先生は、私のクラスの担任をしてくれているときに結婚しました。

当時私はクラスの学級委員をしており、クラスの代表で結婚式に参加させて頂きました。

みんな大人ばかりの空間で、中学生は私ともう一人の男子学級委員のみ。

とても緊張しましたが、初めての結婚式参加に感動も一入(ひとしお)でした。

結婚式の引き出物として、オルゴールを頂きました。

手巻きのオルゴールで、限界まで巻くと三分ほど綺麗な音色が流れます。

素敵なプレゼントをもらい、喜んでいました。

それから、月日は流れ、私は大人になりました。

そして、ある日の夜。

明日も早いし、そろそろ寝ようかな思ったとき、突然オルゴールの音が聴こえてきました。

びっくりして小さく悲鳴をあげてしまいました。

音は棚の上から聴こえてくるようです。

棚の上には、18年前に田中先生の結婚式で頂いたオルゴールが置いてあります。

そのオルゴールが鳴っているようでした。

手巻きのものなので、巻かない限りは鳴らないはずです。

記憶にある限り、そのオルゴールはもう何年も巻いていません。

一人暮らしの私の家で、他の人が巻くことも考えられません。

ですが、それは約三分ほど鳴り続けたのです。

三分と言えは、限界ギリギリまで巻いた状態のはずです。

私は怖さ半分、不思議さ半分のなんとも言い表しにくい気持ちになりました。

それから、更に二ヶ月たったある日のこと。

中学時代の友達から久しぶりの電話がかかってきました。

しばらく、世間話をしていたのですが、友達は思い出したように言いました。

「そういえば、知ってる?中学のときの田中先生、亡くなったらしいよ。」

私はとても驚きました。

「え?なんで?いつ?」

「私も聞いた話だから詳しくないけど、がんだったみたい。田中先生、がんになるにはまだ若いでしょ?だから進行も早かったんだって。」

あの田中先生が亡くなったなんて・・・信じられませんでした。

その後、私は中学時代の他の友人たちに電話をしました。

田中先生の死は事実のようでした。

そして、驚くべきことが分かったのです。

田中先生が亡くなられた時間というのが、私の部屋のオルゴールが勝手に鳴り続けた時間とほぼ同じだったようなのです。

なぜそれが分かったのかと言いますと、先生の家の近所に住んでいる友達がいて、先生が亡くなったときのことを詳しく知っていたのです。

同時刻に音色を奏でたオルゴール。

これは偶然でしょうか。

私はこの事実を知って、不思議な気持ちと共にとても悲しい気持ちになりました。

もしかすると先生は自分の最期を、私に知らせにきてくれたのかもしれない、と思ったのです。

なのに、私は気が付かずに恐がってしまいました。

私は、すぐに先生のお家に伺い、お線香をあげさせていただきました。

先生の遺影は、あの頃と何も変わずに優しい笑顔でした。

スポンサーリンク