タクシーと地縛霊

地縛霊とは、死んだ場所に魂だけが残り続けることをいう。

今日は、三浦さん(仮名)が体験した話を書きたいと思う。

三浦さんは、深夜終電を逃してしまい、タクシーを拾って帰ろうとしていた。

だが、あいにくとその場所は田舎なのだ。

なかなかタクシーの通らない。

こんな場所で一晩野宿は嫌だな、と思いながらも道を歩いた。

すると、ラッキーなことに1台のタクシーが後ろからこちらに向かって走ってくるではないか。

さらにラッキーなことに、空車のようだ。

早速、タクシーに乗車し、行き先を告げる。

これで、今夜は自宅のベッドで安心して眠れそうだ。

何もないような田舎道を、ただひたすら走り続けるタクシー。

道が暗く、周りに車が走っていないため、タクシーはハイビームで進んでいた。

すると、ふと前方の道路の端っこに何かが見えた気がした。

魚のようなものが跳ねているように見えたのだ。

よく分からないが、大きさは池の鯉くらいだろうか。

三浦さんは、運転手に尋ねる。

「あれなんですかね?」

「うーん、何でしょうね?魚じゃなさそうだけど・・・」

運転手にも、その白っぽいものが魚のように見えたようだった。

車が白っぽいものに近づくと、それの色は白だけでなく赤も混じっていることが分かった。

そして、その跳ねているものが何か分かってしまった・・・・

魚のように跳ねているものは、、、、人間の腕だった・・・・・・・・

肘の辺りから指先にかけての腕だ。

それが、道路脇で、ピチャ、ピチャっと、魚のように跳ねていたのだ。

「あれ・・・・な、なんですか・・・・?」

三浦さんは、震えた声で運転手に尋ねた。

運転手にだって、分かるわけないだろうが、顔面蒼白で答えてくれた。

「・・・わ、分かりません。。。。でも。確かね・・・・1週間くらい前だったかな、、、あそこのすぐ近くでね、死亡事故。。。交通事故があったって、話ですよ。だから、今のは、、幽霊なんですかね・・・・」

三浦さんは、怖くて返事ができなかったという。

自分が死んでしまったことが分からず、今でも現世に残ってしまっているのかもしれない。

スポンサーリンク