霊感を高める方法

あるところに、少しだけ霊感のある高校生の少女がいた。

その少女に、幽霊を視ることはできなかった。

だが、「感じること」はあった。

「あ、今この部屋にいる!」

そう感じるときに、幽霊がいると思った方向を見ると、その空間がドンヨリ暗くなっていることがある。

ときには「パキッ、パキッ」というラップ音のようなものが聞こえることもあった。

少女は、自分に霊感があることを自覚していた。

「そうだ。私は将来、霊能力者になろう。そして、心霊体験で困っている人を助けてあげよう。」

そんな風に思ったのだった。

でも、現状の霊能力では到底霊能力者とは呼べそうにない。

少女はその日から、我流で「霊感を高める方法」を模索するようになった。

いろいろな方法を試した。

一番自分が霊を感じることをやり続ければ、きっと私の霊能力は高まるはずだ。

そう信じて、少女は来る日も来る日も頑張って努力した。

そして、ついに禁断の霊感を高める方法を発見したのであった。

その方法とは、深夜、部屋の電気を真っ暗にして霊に語りかけるこというものであった。

少女がその方法を試してみると、いつも以上に異界をそばに感じることができたのだ。

将来のために、これを毎日のように続けた。

1ヶ月ほど経ったであろうか。

その日も少女は、深夜に一人で霊に話しかけていた。

「そこにいますよね。感じます。私の言うことに答えてくれますか?」

そう聞くと、初めて霊からコンタクトがあったのだ。

「・・・・・・うん・・・・・・・・」

小さな声だが、返事があった。

嬉しくなった少女は、さらに聞いた。

「あなたは幽霊ですよね?」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

返事がない。

「え?あなたは幽霊じゃないのですか?」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

返事がない。

さっきの「うん」は空耳だったのだろうか。

よし、今度は別の質問だ。

「あのよろしければ、お姿を見せていただけませんか?」

「・・・・・・・・・・うん・・・・・・・・・」

やった。

姿を見せてもらえる。

霊を感じることはあっても、姿を見たことがない少女は喜んだ。

これで、未来の霊能力者に近づけた気がした。

少女は、部屋の電気をつけようとしてみたが、いきなり明るくするのも良くないように思えた。

そこで、ベッドについている小さな照明を点けてみた。

小さな明かりが、部屋の中を照らす。

あれ・・・

霊なんて見えない。

どういうことなのだろうか。

霊は、どこにいるのだろうか。

もしかして、まだこの程度の霊感では視ることができないのだろうか・・・・

そう思ったときだった。

少女は急激に意識が遠のくほどの苦しみを感じた。

喉が張り付いてしまうような苦しさだった。

誰かに後ろから首を絞められているんだ、と気が付く。

必死に、それを振りほどこうと後ろを振り向いた。

すると、そこには無表情の中年の男がいて、少女の首を無表情のまま絞めていた。

このままでは、自分の命が危ない。

少女は、とにかく抵抗した。

心の中で「助け」を求めた。

と同時に、「謝罪の言葉」を連呼した。

・・・・・・・・ああ、もうだめだ・・・・

そう思ったときに、ふと呼吸ができるようになった。

・・・助かったのだろうか。

よく分からない。

少女は、咳き込み続けた。

落ち着くと、すぐに電気をつけ部屋を出た。

その部屋にはいたくなかったのだ。

洗面所で鏡を見ると、首には赤黒いアザが残っていた。

そんな経験をしてから、少女はもう2度と霊能力者になりたいとは思わなかった。

それ以降、オカルト的な体験をすることもなくなったのだとか。

スポンサーリンク