温泉旅館で金縛り

温泉付きの旅館に、友達と泊まったとき話。

私は大学時代の友達と、ある温泉旅館に泊まりました。

とてもよい部屋でした。

食事も美味しく、温泉もすごく気持ちよかったのです。

日中は旅を満喫しました。

夜は遅くまで女同士で語り合いました。

夜も更け、そろそろ寝ようかということになりました。

電気を消し、二人は布団へ潜り込みます。

そのまま私は、すぐに夢の世界に入って行きました。

・・・夜中に、ふと目が覚めました。

身体を動かそうとしても、まったく動きません。

金縛りというやつです。

「困ったな、どうしよう」なんて思っていたのですが、部屋の中に誰かが動いているのを感じました。

友達がトイレにでも起きたんだと思いました。

目を開けてみると、やはり暗闇の中で誰かが動いているのが見えました。

暗くてよく見えないのですが、その人影は部屋の中を動き回っているようです。

かなりスローペースで、部屋の中を行ったり来たりしています。

それは、友達じゃないような気がしてきました。

友達にしては、行動がおかしい気がしたのです。

じゃあいったい誰なのでしょうか?

泥棒でしょうか・・・??

怖くなった私は、身体を動かそうするのですが、一向に動きません。

何か盗られたり、怖い思いをするのは嫌なので、その人影を目で追い続けました。

しばらく動いたその人影は、だんだんこちらに近づいてきました。

人影は音もなく、私の頭の位置まできて、その場に座り込みました。

そして、私の頭を抱えるような姿勢になり、そのまま動かなくなりました。

悲鳴を上げたくても、声が出せません。

私の位置からは、その人の顔は見えませんが、息遣いがはっきりと伝わってきます。

確実に友達じゃないことは確かです。

私にはその人影が、中年の女性のように感じました。

・・・・しばらくすると、私の意識は遠のき、気が付くと朝になっていました。

昨日のあれは夢だったのでしょうか。

私が起きて、トイレに行こうとすると、横から友達が話しかけてきました。

「おはよう。」

「あ、おはよう。」

「ねえ、昨日の夜。起きてた?」

友達は意味深なことを言ってきます。

「あ、うん。途中1回起きたけど。」

「・・・・あのさ。中年くらいの女の人だったよね・・・・?」

その瞬間、昨日のことが夢ではなかったことが分かりました。

そうなのです。

私に見えていたものとまったく同じものを、友達も見ていたのです。

起きたばかりなのに、体中に冷や水でも浴びたかのように、寒くなってしまいました。

おそらく、顔面蒼白という言葉がぴったりな顔をしていたでしょう。

友達と、昨日見たことについて、確認しあいました。

結局、あの女の人が私(私たち)に何を伝えようとしていたのかは分かりません。

でも、私にとっては人生で初めての心霊体験で、とっても恐ろしい思いをしました。

スポンサーリンク