遊園地で迷子になった女の子

ある女性の体験。

仮にA子ちゃんとしておこう。

A子ちゃんが小学一年生だったときの話。

家族で某遊園地に行った。

遊園地が嬉しくて、はしゃいでしまったのかもしれない。

いつの間にか、A子ちゃんは家族とはぐれてしまった。

迷子になってしまったのだ。

連休中だったため、園内は混みあっている。

その中を一人彷徨い続けた。

だが、家族を見つけることは容易ではない。

ましてや小学一年生だ。

きっと不安で仕方がなかったであろう。

A子ちゃんは、泣き出してしまった。

すると、一人の女性が話しかけてきた。

20代半ばくらいだろうか。

「どうしたの?迷子になっちゃったの?」

心配そうに話しかけてくれたのだ。

A子ちゃんは自分が迷子であることを告げた。

すると、女性が一緒に家族を探してくれるという。

「お姉さんが、お父さんとお母さんを見つけてあげるからね。」

優しい笑顔で言ってくれた。

A子ちゃんは、とても安心できた。

「きっと、お父さんとお母さんはあっちにいるんじゃないかな。」

女性に手を引かれて歩き出す。

・・・・しばらく歩いていると、家族に会うことができた。

園内で、偶然再会できたのだ。

A子ちゃんは、一緒に探してくれた女性にお礼を言った。

「ありがとう。」

てっきり、家族との再会を喜んでくれるかと思った。

しかし、女性の表情はみるみる歪んでいった。

そして、「チッ」と舌打ちをされた。


A子ちゃんは、その女性にどこに連れて行かれそうになったのでしょうね。

スポンサーリンク