飛び降り自殺を目撃してしまった夜に

これは、管理人が知り合いから聞いた話。

AくんとBくんは、大学の友達。

ある日の昼間。

二人で住宅街を歩いていたそうだ。

すると、少し離れたマンションの上から、ドサッドンッとなにかが降ってきた。

最初は、そのマンションの住人がベランダで布団でも干していて、それが落ちてきたのかと思ったそうだ。

だが、それはすぐに違うとわかった。

落ちてきたのは人だったのだ。

一瞬で、パニックと絶望感のようなものに包まれた。

遠目に見ても、明らかに足がおかしな方向に曲がっている。

血が飛び散っているのもわかった。

二人はその現場に近づくことができずにいたが、すぐに警察と消防(救急)に連絡した。

その後、警察から聴取された。

亡くなったのは、40代の男性だそうだ。

あまりのことに、その日は気が滅入ってしまった。

その晩、AくんはBくんの家に泊まらせてもらうことにした。

恐怖もあったが、それ以上に一人になりたくないという気持ちが強かった。

Bくんのアパートで、コンビニ弁当を二人で食べ、缶ビールを飲んだ。

あまり会話はなく、食事も進まなかったそうだ。

お互いに気が滅入っていて会話したくない、だけど一人になりたくない、という精神状態だったと思う。

そして、25時を過ぎたころ、そろそろ寝るかということになった。

電気を消し、Bくんはベッドに寝て、Aくんはソファーで横になる。

Aくんはなかなか寝付けない。

あんな現場を見たのだから当然だろう。

しばらくするとBくんが寝息を立て始めた。

「こいつは眠れて羨ましいな。」

時計に目をやる。

深夜3時。

もうすぐ朝になってしまう。

明日は、午前の大学はさぼっても良いが、夕方からバイトだった。

少しは寝たかった。

目を閉じて、しばらくすると夢の世界に旅立つことができた。

が・・・・

急に苦しくなった。

何が何だかわからない。

Aくんが目を開けると、暗闇の中で誰かに首を絞められていた。

苦しさから逃れるため、とにかく暴れた。

腕を振り回し、足をばたつかせた。

なんとか、首から相手の手が外れ、息ができるようになった。

喉が焼け付くようで、何度も咳をした。

咳をしながらも横を見ると、白目をむいたBくんが、顔をこちらに向けていた。

辺りはまだ暗いが、その顔ははっきりと見えた。

Bくんとは1年以上の付き合いがあるが、そんな顔は初めて見た。

全身に鳥肌がたった。

この状況をどうにかしなければならない。

AくんはBくんの頬を思い切りはたいた。

バチーンっと良い音がして、Bくんは我に返ったそうだ。

Bくんはなぜか激しく息をしていて、少しすると「何?なんで起こすの?」と意味不明なことを言っていた。

自分がしたことを覚えていないというのだ。

Bくんはとても良い奴で、友達の首をいきなり絞めてくるような奴ではない。

むしろ、良い奴すぎるくらいの奴だ。

そんなBくんが、白目をむいて自分の首を絞めてくるなんて、信じられなかった。

Aくんは今起こったことを、Bくんに説明した。

だが、Bくんは信じない。

「ウソだろ?俺、そんなことしないし。」

自分がもしも無意識のうちにそんなことをしていたら、恐ろしいと感じたのかもしれない。

絶対に認めなかった。

昼間見た自殺のことが関係があるのかどうか、わからない。

霊的なものなのか。

それとも、あまりにショッキングな経験で一時的にBくんの精神が錯乱してしまったのか。

理由は不明だが非常に恐ろしい経験だったと、Aくんは語っていた。

スポンサーリンク