公園のトイレで見た謎の手

中学のころ。

俺は父親の仕事の都合で、転校した。

引っ越した先は、ド田舎というほどではなかったが、都会とは呼べないような場所だった。

自宅から中学校まで、自転車で50分。

これは片道にかかる時間だ。

毎日、かなりの距離を自転車で走っていた。

ある日のこと。

俺は、学校の帰り道に無性にトイレに行きたくなってしまった。

立ちションしようかと思ったのだが、人気がないわけじゃない。

ここじゃできないな。

どこか横道に逸れて、立ションしようかと思った。

普段通らない道に入っていく。

なかなか良さそうな場所がない。

そろそろ我慢の限界だ。

ああ、もうここらで立ちションしてしまおうかと思ったその時、公園らしきものが見えてきた。

ラッキーだ。

急いでペダルをこいでその公園に行ってみた。

小さな公園なのだが木がうっそうと生い茂っている。

昼間なのに薄暗かった。

トイレは設置されていたが、さらに薄暗く不気味な雰囲気に見えた。

でも今はそんなことは気にしていられない。

自転車を放り出すように停めると、急いでトイレに駆け込んだ。

ジッパーをおろし、ホッと一息ついた。

間に合った・・・

無事、オシッコが終わると、手洗い場の水道をひねり手を洗った。

鏡越しにトイレ内を見ると、一つだけある個室の扉は閉まっていた。

誰かが使っているようだ。

こんな薄暗い中の個室はさぞ怖いだろうな、なんて思いながら振り返ってみた。

すると、トイレの個室の下の隙間から、手が出ていた。

手だ。

人間の手。

俺は危うく叫び出すところだった。

なんで、こんなところから手が・・・

幽霊かと思って逃げようかと思ったのだが、これがもし倒れている人だったらマズい。

正直なところ怖かった。

だが、個室の前まで行き、声をかけてみる。

「あ・・・あの、だ、大丈夫ですか?」

たぶん、声は震えていたと思う。

返事はない。

もう一度声をかけてみる。

「あの・・・?大丈夫ですか?」

手は、ピクリとも動かない。

血の気のない薄汚れた感じの茶色っぽい手だった。

おそらく男性の手だ。

俺は怖くて怖くて、どうしようもなかった。

とりあえず誰かを呼ぼうと思った。

トイレの外に出て、辺りを見渡すが誰もいない。

さっきまでは人通りが多少あったはずなのに、今は誰もいないのがもどかしい。

その時の俺は、救急車を呼ぶということが頭になかった。

正確に言えば多少はあった。

だが、もし大したことがないのに呼んでしまったら、怒られるような気がしていたのだと思う。

「これは本当にヤバい」と確信が持てない以上、まだ呼んではダメだと思っていたのだ。

誰かを探さなくてはならない。

キョロキョロと、辺りを見回した。

そのとき、メガネをかけた細身の男性が通りかかった。

20~30代だろう。

俺は、おそらく泣きそうな顔で助けを求めた。

その男性は、すぐに一緒にトイレに来てくれた。

きっと、俺の表情から緊迫感が伝わったんだと思う。

だが、おかしいのだ。

個室の前まで行ってみると、個室の下から手が出ていない。

それどころか、個室の扉は閉まっていないのだ。

ドアは開いている。

一緒に来てくれた眼鏡の男性は、個室の扉の裏まで確認してくれた。

「誰もいないみたいだね。」

「そ、そうみたいですね。」

なんだか、俺が嘘をついているみたいで気まずい空気が流れた。

そんな空気を察してくれたのか、眼鏡の男性は明るくこう言ってくれた。

「ま、大したことないようで良かったよ。君は酔っ払いでも見たんじゃない?」

そうだろうか。

俺がさっきの「手」を見てから、おそらく2~3分しか経っていない。

俺は、ずっと公園のすぐそばにいたのだ。

俺に見られることなく、姿を消すことはできるのだろうか。

いろいろ疑問に思ったのだが、誰もいない以上仕方ない。

眼鏡の男性にお礼を言うと、俺も家に帰ることにした。

次の日。

学校が終わり、いつものように自転車で帰っていた。

昨日の公園のすぐそばまで来ると、やけに警察官が多いことが気になった。

そのまま気にせず、自宅に帰ったのだが、家でびっくりすることを聞いた。

なんと、今日、ある男性が亡くなったらしいのだ。

昨日俺がオシッコをした公園のトイレでだ。

トイレの個室で発見されたのだという。

詳しい死因は俺のところまで情報はこなかった。

だが、その後ニュースになっていなかったことから他殺ではないようだった。

俺が前日に見た「手」と何か関係はあるのかもしれないと、考えてしまう。

そう考えると、本気で怖かった。

起きたまま予知夢でも見てしまったのか。

それとも、あのトイレに何かの霊でも憑りついていたのか、詳しいことは分からない。

スポンサーリンク