カップルが森に車を停車したときに起きた恐怖体験

これは管理人が知り合いから聞いた話です。

その知り合いも人から聞いたということです。

信憑性に関してはわかりません。


ある若いカップルが、ドライブデートをしていた。

辺りが暗くなったころ、車は森の入り口付近に停車した。

辺りには人気が全くなかったため、カップルは車の中でイチャイチャし始めた。

少しすると、彼氏がトイレに行きたくなる。

車を降りて立ちションしに行った。

彼女は車の中で待機していたのだが、5分経っても10分立っても彼氏が戻ってこない。

彼女は、車を降りて辺りを見回した。

すると、森の中に人影が見えた。

彼氏かな?と思った彼女は、「早くしてよー、一人じゃこんなとこ怖いよー。」なんていいながら、近づいた。

だが、先ほど人影が見えた方に行ってみても誰もいない。

見間違いだったのかな。

声をかけてみても返事はない。

彼女は仕方なく車に戻ろうとした・・・・そのとき、視界のはしで何かが揺れているように感じた。

ふと見ると、少し先の木に何かがぶら下がっている。

近づいてみると、彼氏が木からロープでぶら下がっていた。

一瞬、彼氏の冗談かと思ったらしいが、そんなわけがない。

誰かに木にぶら下げられたのだ。

すぐに、全身に恐怖が走る彼女。

彼氏に大きな声で呼びかけた。

何度も何度も呼びかけた。

仕舞には、木の棒で彼氏の身体を揺らす。

すると、気を失っていた彼氏がやっと目を覚ました。

なぜ自分が木からぶら下がっているのか、何も覚えていないらしい。

ただ、後頭部が激しく痛んだそうだ。

何者かに殴られた可能性が高いと思われた。

失禁してしまっていたらしく、彼氏の服がびしょびしょに濡れていた。

結局、なぜそんなことが起きたのか、誰にやられたのかなど、明らかになることはなかったという。


大人の男を、木にぶら下げるなんてことが一人でできるものなのだろうか。

犯人は複数はんなのか。

そして、何が目的なのかなど分からないことが多すぎて、とても不気味な話に感じてしまった。

終わり

スポンサーリンク