バイクの運転中に見た女の幽霊

Aから聞いた怖い話。

Aが友達のBとバイクの二人乗りをしてたときのこと。

あまり街灯のない田舎道だ。

小雨も降り出し、辺りは暗くなかなか運転に気を使う。

視界が良くない中のバイクの運転は、それだけで怖いものなのだ。

後ろに乗っているBに対し、大声で言った。

「あい、しっかり掴まっておけよ。」

前方には、信号機。

赤なので停止する。

バイクは信号待ちで止まっていると、どこからともなく女の人の歌う声が聞こえてきた。

なんだ。

どこで、歌ってるんだ。

後ろを振り返ってみると、バイクの後ろ20メートルのところに女が立っていた。

歌声はこの女のものか、と納得する。

この雨の中、傘もささずに歌ってるなんてのんきな女だ、と思ったそうだ。

だが、次の瞬間。

Aは信号無視でバイクを急発車させた。

後ろでは、Bが叫ぶ。

「おい、危ないだろー。」

Bの言葉は無視した。

しばらくしてから停車したが、Bは怒っていた。

「なんなんだよ。あんな無謀な運転するなよ。雨で滑りやすくなってるんだ。事故でも起こしたらどうするつもりだ!」

Bの言葉を、Aはしばらく無視していた。

だが、少しするとおもむろに口を開いた。

「・・・・・歌うたっていた女見たか?」

「なんだよ?女?ああ、チラッと見たけど。それが何だよ?」

「あの女な。俺もチラッと見たときは気がつかなかったけどな。よく見ると、頭パックリ割れてたんだ・・・・」

「・・・・・え?・・・・」

「あの頭の割れ方では、生きてはいない。ありゃ、幽霊だ・・・・・」

二人とも、顔面蒼白だったという。

終わり

スポンサーリンク