意味がわかると怖い話「恋人からの着信」

この話に限り、他サイトからの引用ですので、実話(人から聞いた話)ではありません。

電車に乗っているときに、彼氏から着信が入った。

割と空いている電車だったため、小声で少しだけ話す。

「もしもし?」

「もしもし、今からこっち来ないか?」

「あ、ごめん。今電車の中だから、降りたらかけ直すね。」

電話を切ってから気が付いた。

あ、次の駅は彼氏の住んでる駅だ。

時間もあるし、私に会いたがってくれているみたいだから、突然家に行って驚かせてやろう。

私は次の駅で降りると、彼氏の住むマンションへと向かった。

あれ?

マンションの周りには警察が多い。

何かあったのかな?

気にはなったものの、私は彼氏の部屋に急いだ。

部屋の前には、さらに多くの警察がいた。

大家さんらしき人もそばにいる。

え?

一体何があったっていうの?

さすがに気になって私は聞く。

「あの!この部屋で何かあったんですか?中村さんに何かあったんですか?」

この状況で彼氏の心配をするのは当然だ。

警察はこちらに体を向け答えた。

「あ、中村さんのお知合いですか?彼、昨夜亡くなったんですよ。遺書もありますし、状況から考えて自殺に間違いないと思います。」

え・・・・?

そんなバカなことがあるはずはなかった。

つい10分前に彼から電話が来たのだ。

意味がわからない・・・・

私は放心状態になりながらも考えた。

つまりこれって、彼氏の魂が私に電話をしてきて「自分の死を伝えたかった」ということなのだろうか?

絶望的な気分。

酷い悲しみと混乱に襲われながら、私は街をさまよい続けた。

どうやって帰ってきたのか、いつの間にか自分の家のそばまで歩いていた。

そのとき私の携帯電話が鳴った。

見ると、彼氏からの着信だ。

恐怖よりも、真実を知りたいという気持ちが強かった。

「もしもし?どういうことなの?ちゃんと説明してよ。」

私が泣きながら言うと、彼氏は答えた。

「もしもし。今から、こっちに来ないか?」

解説:謎の死を遂げた恋人から着信があったら、怖いというよりも真相を知りたいと思うのが普通なのかもしれない。

この彼女も、怖がっている様子はない。

でも、もしかすると、怖がった方がいい状況なのかもしれない。

というのも。

幽霊の彼氏は、彼女に対して「こっちに来ないか?」と言っている。

これは、彼氏が自分の死の真相を伝えたがっているというよりも、彼女もあの世へと引きずり込もうとしているように思える。

参考:意味がわかると怖い話 彼氏からの電話

スポンサーリンク