死の暗号文と携帯メール

これは、人間の怖い話だ。

ある日深夜1時。

K山くんの携帯にメールが入った。

開いてみると、知らないアドレスから送られてきていた。

内容は数字一文字

「1」

と、だけ書かれていた。

なんだ?

一瞬不思議に思うも、間違いメールだと思って気にしなかった。

だが。

次の日も昨日と同じ時間にメールが入った。

同じアドレスからのメールだ。

今度は、数字の「5」と書かれていた。

なんだ?

「最近は、こういう悪戯が流行ってるのかな。」くらいにしか思っていなかったK山くん。

だが。

次の日も、その次の日も、毎日同じ時間に同じアドレスからメールが届いた。

さすがに、少し気味が悪くなってきた。

送られてきたのは、最初の日から順番に

「1」、「5」、「7」、「1」、「1」、「4」、「0」、「2」、「2」、「5」、「9」、「5」

といった数字が1日1通ずつだった。

なんだろうか。

電話番号だろうか。

住所か。

何かのIDか。

考えてみたが、分からない。

友達にもたくさん聞いてみたが、誰も明確な答えが出なかった。

結局、この数字に意味なんてない。

ただの悪戯だ、と思うようにしていた。

K山くんはバイト先の休憩室で、自分の携帯と睨めっこしていた。

後ろからベテランの先輩、田中さんが顔を覗かせた。

「なに見てんの?K山くん。」

「あ、田中さん。いや、これ、俺の携帯に毎日送られてくるメールなんすけど、1日1通必ず送られてきて、毎回数字が1文字だけし書かれていないんすよ。ほら。」

田中さんにメールを見せると、なぜか彼は笑顔だった。

「おっ。暗号だね。俺、こういうミステリー系好きなんだよ。ちょっと全部の文字見せてもらえる?」

K山くんは、田中さんに送られてきたすべての数字を紙に書いて見せた。

「なるほど。これが、謎の暗号かー。おっけー。K山くん、バイト終わるの22時でしょ?それまでに考えておくよ。」

笑っていた。

田中さんは、もう20年くらいこのバイトを続けているベテランだ。

仕事もできるし、頭もいい。

なんで、このバイトにこだわっているのか、それも十分ミステリーだった。

・・・・・・・・・22時

バイト終了。

K山くんは、再び休憩室に戻ってきた。

少しすると、田中さんも休憩室に顔を出した。

そして、真剣な顔でこう言ったんだ。

「K山くん、さっきの暗号だけど。あれ、悪戯じゃなかったら、かなりマズイかもよ・・・・」

「え?暗号解けたんですか?」

「ああ、一応解けた。悪いことは言わないから、今日中に携帯のアドレス変えたほうが良い・・・・」

すごく真剣な口調だった。

「え、教えてくださいよ、暗号の意味!」

「うーん。。。。おそらく、次に送られてくる数字は3だと思う。でも、それを見ると非常にまずいんだ。」

「なんですかー。そこまで言って言わないなんて、逆に気になるじゃないですか!」

「とにかく、次の数字が3だとしたら、携帯のアドレスを変えること。これだけは、俺と約束してくれないか?」

今まで見たことがないくらいの真剣なまなざしだった。

K山くんも、思わずイエスの返事をしてしまった。

「分かりましたよ。じゃあ、次が3ならアドレス変えますから、そしたら、暗号の意味教えてくださいね。」

「・・・・・・・・・・ああ、分かった。アドレス変えたら、教えてやる。でも、絶対にアドレスは変えてくれ。これは、約束というより、先輩としての命令だ!」

そういうと、田中さんは休憩室を出て行った。

普段、あんなに温厚な田中さんが、「命令だ」なんて言うなんて。。。。

いったい、あの暗号にはどんな意味があるって言うのだろうか。

続き→死の暗号文と携帯メール2

スポンサーリンク