小学校に来てくれた劇団員と男の子の幽霊

小学生の頃。

学校にとある団体が来てくれた。

演劇を見せに来てくれたので、おそらく劇団の人たちだと思う。

確か、劇の内容は宇宙に行きたいと願う男性がどうとかという話だった。

問題は、その劇の内容ではないのだ。

舞台の隅っこにいる、着物姿の男の子(5歳くらいだった)のことだった。

舞台の隅っこにずっと座っている男の子がいたのだ。

その劇の内容からして、着物姿の男の子が舞台上にいるのは明らかにおかしい。

そして、先生たちも含めて生徒の多くが、その男の子の存在に気が付いていなさそうだった。

隣にいた友人に、聞いてみた。

「あい、あの男の子なんなんだ?」

「え?わかんねえよ。」

取り合ってもらえない。

それでも気になったため、しつこく聞いた。

「おい、ほら、明らかにおかしいじゃんよ。」

「お前うるせえよ、集中して見ろよ。」

大人の真似した口調で説教される始末。

そして、しばらく見ていると、着物の少年はニコッと笑ったのだ。

そのとき見えた男の子の歯は、真っ黒だった。

まるでお歯黒をしているかのように、真っ黒だった。

当時、視力2.0の俺が確認したのだから間違いない。

最後まで、その少年のことが何なのかが分からなかった。

俺は、劇に集中などできなかった。

怖くて仕方なかったのを覚えている。

その日の休み時間。

俺は、多くのクラスメイトに「着物の少年」について聞いて回った。

たぶん、20~30人に聞いて回った。

ほとんどの生徒は、知らないと答えた。

だが、1人だけ「着物の男の子を見た」と言った女子がいた。

その女子は、男の子のお歯黒には気が付かなかったそうだが、見た瞬間に霊的なものだと感じたらしい。

やはり、幽霊だったのだろうか。

あの着物の男の子のことを、大人になった今でもときどき思い出してしまう。

終わり

スポンサーリンク