怖い思い出 不法侵入した悪魔一家

これは、俺が17歳の時の話だ。

自分の人生の中でダントツに怖い体験だ。

読んでいるあなたも、できれば自分のこととして考えてもらえれば、俺の恐怖が少しは伝わるんじゃないかと思う。

ある日の午後。

当時、真面目ではなかった俺は、授業をサボって高校を抜け出してきてしまった。

家に帰ってもやることなかったのだけど、学校がダルかったのだ。

着替えてゲーセンでも行こうかなと考えていた。

自宅に帰り玄関を開けると、家の中から人の気配がする。

うちは、両親共働きだ。

妹は小学生でまだ学校のはず。

誰だ。

怪訝に思いながらも、リビングに行ってみた。

すると、中年の男女と4~5歳の女の子がソファーでくつろいでいる。

一瞬、「あれ?この人たち両親の知り合いか?」と思った。

思考停止のまま、リビングを後にする。

そして、廊下にある電話で母親の勤めている弁当屋に電話をしてみた。

プルルルーーー

ガチャ

「・・・・もしもし、○○ですがうちの母ちゃんいます?」

「あ、はいちょっと待ってね。」

母に取り次いでもらい、今リビングで見た事を説明した。

すると、母親は慌てた様子で言った。

「その人たち、泥棒じゃない?!だって、あたしの知り合いじゃないし、お父さんは家に知り合い呼ばないもの。ましてや、あたしに何も言わずにだなんて考えられないわ・・・」

俺は、母の言葉を聞いて、体に寒さと熱さを感じた。

体中に、鳥肌とアドレナリンがグワーーーっと駆け巡ってきたのだ。

大人になった今思い返すと、すぐに警察に電話するべきだったのかもしれない。

でも、当時の俺には警察と言う発想も、助けを呼ぶという発想もなかった。

無言で母親との電話を切ると、こぶしを握り締めリビングへ大股に向かった。

そして。

扉を開け、大声で怒鳴った。

「てめえら、誰だよっ?人ん家で、何やってんだよっ?!」

「・・・・・・・・・」

中年夫婦と小さな女の子は、冷めたい表情でこちらを見つめている。

何も言わない。

「なんとか言えよコラっ!」

すると、小さな女の子が口を開いた。

「・・・・パパ、この人にはあたしたちが見えてるみたいよ。」

すると、今度は父親らしき中年男が声を出す。

「うん、そのようだ・・・」

「仕方ないわね・・・出ていくの?」

中年女が言った。

そして、その夫婦と娘は俺のことなどお構いなしに、ゆっくりと腰を上げ小さくため息をついた。

そのまま俺の横を通り過ぎて、部屋を出ていく。

終始、能面のように表情がない顔がとんでもなく不気味だった。

情けないことに、俺の身体は全く動かない。

恐怖からなのか、それとも金縛り状態なのかは分からない。

とにかく、全く動かなかった・・・・

そして、3人が俺の横を通り過ぎた直後、娘らしき女の子の声が聞こえた。

「・・・・あたしたちが出ていくんじゃなくて、こいつ殺しちゃえばいいのに・・・」

・・・・全身に氷水をかぶったように、俺の身体は恐怖に支配された。

・・・・・・・何分動けなかったのかは分からない。

しばらくすると、俺は腰から砕けるように床に突っ伏した。

そして、後ろを振り返ってみた。

誰もいない。

そして、玄関に向かった。

鍵をかけた方が良いだろうと思ったのだ。

そこで奇妙なことに気が付く。

玄関の扉には鍵がかかっていている。

あれ。

俺は、家じゅうの鍵を確認した。

家中、鍵が開いている扉も窓も見当たらない。

すると、さっきの3人組はうちの鍵を持っているということか。

それとも・・・この世の存在ではないのか・・・・

本当はわかっていた。

あいつらが、人間ではないことを。

幽霊だったのか。

はたまた、物の怪や悪魔のような存在だったのか・・・・

いずれにしても、人間ではないことは確かだ。

大人になった今でも忘れられない。

あの一家の冷酷な表情を・・・・

終わり

スポンサーリンク