現実的な怖い話 霊能力で分かったナンパ男の正体

物や場所には、念が残ることがあるという。

念は、喜びや後悔などの感情が強ければ強いほど、より強力に物や場所に記録される。

今回は、ある女性の強い恨みの念がその場所に残ってしまった、という話。


霊感の強い女性、仮にAさんとしておこうか。

Aさんは、あるとき街でナンパされた。

普段なら無視するところだったが、その男性とてもイケメンだった。

なにより、昔好きだった人に似ていた。

少し会話してみると、話もとても面白かった。

時間もあったことから、少しだけ飲みに行くことにした。

飲みに行ってみると、やはり彼は楽しい人だった。

「ああ、こういう男性と付き合ったら、きっと毎日笑顔になれるだろうな。」

少しずつ、彼に惹かれていくAさん。

出会ったばかりだというのに、飲んだ後に彼の家に遊びに行ってしまった。

彼の住んでいるのは、新築のアパートだった。

入居するのは、彼が初めてらしい。

中に入ると、新築の建物の匂いが鼻をかすめる。

彼は、「あ、今お茶入れるね。」と、キッチンへ行った。

部屋に一人になったAさん。

突然、頭の中にある映像が浮かんできた。

・・・・・その瞬間、酷く恐ろしくなってしまった。

隣のキッチンにいる彼のもとへ行き、聞いてみた。

「あのさ、ここに住むのあなたが初めてなんだよね?」

「ああ、そうだよ。ここは新築だから、前に住んでいた人間はいないよ。」

「この部屋に、誰か、女の子連れてきたことない?」

「女の子?君が初めてだよ。俺は君が思っているほど遊び人じゃないよ。なんで、そんなこと聞くの?」

笑顔で言っている彼に、不信感を募らせてしまう。

「じゃあ、赤い服着た女の子は誰?」

「・・・・・え?」

「赤い服着た女の子で、髪の毛は茶色の子。眼鏡もかけてた!」

「・・・なんで、なんで?知ってるの・・・?」

Aさんは怖くなり、自分の荷物を掴むとその部屋を飛び出した。

そして、もう2度とナンパにはついていかないと硬く誓ったのだった。

Aさんが、彼の家で見てしまったもの。

それは、その部屋で乱暴される女の子の姿だった。

彼が、赤い服を着た女の子に睡眠薬入りの薬を入れたお茶を飲ませ、乱暴しているのが見えたのだ・・・

幻覚かもしれない。

頭の中の幻覚を信じるなんて、どうかしている・・・・

Aさんはそう思った。

だから本人に確認してみたのだ。

そして、彼はその赤い服の女性のことを知っていた。

乱暴された女の子の、強い後悔と怨みの念はその場には漂っていたのだろう・・・・

それは、吐き気がするほど強烈な怨みだったようだ。

終わり

スポンサーリンク