心理的にじわじわ来るゴキブリの怖い話

注意:気色悪い内容を含んでいますので、食事中の方や昆虫が苦手な方は閲覧しないようお願いします。

オカルト系の怖い話ではないんだけど、俺的に死ぬほどの怖かった体験。

これは、10年近く前の話。

当時、後輩の家でテレビゲームをやることに夢中になっていた。

モテないし、彼女いたことないしで、男の後輩とテレビゲームやることくらいしか趣味がなかったのだ。

その後輩は、いい奴だし、一緒にゲームやってると時間が経つのも忘れるくらい楽しかった。

でも、1つだけ気がかりなことがあったんだ。

その後輩の家は、やけにゴキブリが多いのだ。

夏場なんて、1時間に10匹以上見かけことも珍しくない。

下手な中華料理屋よりも多いんじゃないか思ってしまう。

俺は大のゴキブリ嫌いだから、後輩の家が好きになれなかった。

ある日のこと。

俺は例のごとく、後輩の家でゲームをしていた。

夏場ではなかったし、もうゴキブリも出ないだろうということで、安心していたのだ・・・・

俺たちはゲームに夢中になり、テレビ画面にくぎ付けだった。

俺はゲームをやりながら、自分の隣に置いてあるペットボトルに手を伸ばした。

ミルクティーを横に置いていたのだ。

そして、そのまま何も考えることなくミルクティーを口に運んだ。

普段、誰もが自然にやっているような動作だと思う。

俺もいつも通りにミルクティーを一口飲んだ・・・・

口に含んだ瞬間、おかしいと感じた。

でも、いつもの癖なのか、そのまま飲み込んでしまった・・・・

ミルクティーが喉を通過していくのが、スローになって伝わってくる。

ミルクティーの中に、ガサゴソという甲殻類特有の感覚を感じた気がした。

かなり大きなものを飲み込んだような感覚があった・・・・

喉に違和感を感じる。

全身に、鳥肌が立つのを感じた。

同時に猛烈な吐き気も押し寄せてきた。

ミルクティーのペットボトルを見ると、そこには何も入っていなかった。

でも、気が付いたのだ。

ペットボトルの蓋を開けっ放しで、放置していたことに・・・・

このゴキブリの巣窟、後輩の家で無防備過ぎた。

俺は凄まじい吐き気を催しながらも、普段の表情をキープしようと務めた。

いくらゴキブリ屋敷に住んでいようとも、後輩はめちゃくちゃ良い奴なのだ。

ここで俺が嘔吐でもすれば、後輩を傷つけてしまうかもしれない。

俺は、吐き気と戦い続けた。

その間にも、胃の辺りがむずむずしている気がする。

錯覚かもしれない。

うん、きっと錯覚だ。

胃の中で、あいつらは動かない。

でも・・・・もう限界だ。

俺は、何も言わずに立ち上がると、急いで後輩の家のトイレに駆け込んだ。

そして、涙を流しながら、便器に向かって吐き続けた。

ウエェェェーーーー

なんど、あげただろうか・・・・

気が付くと、胃の中にあるものを全部吐き出していたようだった。

立ち上がり、トイレの鏡を見るとげっそりとした自分の姿が目に映った。

そして、軽く口をゆすぐと、見たくはなかったけれど、自分の吐いた物がある便器を見た・・・・

すると、そこには。

一匹の成虫ゴキブリが、胃酸まみれでワシャワシャともがいていた・・・・・

終わり

スポンサーリンク