旅先のホテルの怪談

旅先のホテル。

そこは、数知れない人々が寝食をしていく場所。

さまざまな思いをもった人たちが、次から次へと毎日のように訪れては去ってゆく。

中には、負の念を持った人間もいることだろう。

そんな負の念を持った人が泊まった部屋には、何かが蓄積されていてもおかしくないのかもしれない。

今日はそんなお話。


疲れていた。

今回の出張は、普段以上にきつかった。

俺一人で、回れるキャパを超えている。

旅先の宿泊するホテルに戻ってきたときには、もうベッドに倒れるようにして眠ってしまった。

・・・・途中、ふと目が覚めた。

どれくらい眠っていたのだろう。

真っ暗だ。

なんだか、狭いぞ。

どこだここは。

俺は、ここで何をしているんだっけか。

1秒で答えが出た。

そうだよ、俺は出張に来ているんだ。

今何時だ。

俺は、その狭い空間で立ち上がった。

次の瞬間。

顔になにやら得体の知れない布のようなものが覆いかぶさる。

うわっ。

なんだ。

真っ暗闇の中、手探りで現在いる場所を確認する。

ベッドではなさそうだった。

じゃあ、ここはどこだ。

10数秒の間、自分がどこにいるのかまったく分からなかった。

・・・・ん。

ここは、クローゼットの中か。

手で目の前の扉を開けた。

薄暗いが、今度は前が見える。

何で俺はクローゼットの中で眠っていたんだろうか。

それに、電気を消した覚えはないのだが。

意味が分からないが、とりあえず時間を確認する。

深夜1時半。

部屋に戻ってから、1時間くらいしか経っていないのか。

俺は、とりあえず洗面所で歯を磨き、ざっとシャワーを浴びた。

そのまま、電気を消すと横になる。

そして、いつの間にか夢の世界へ旅立った。

また、ふと目覚めた。

目の前は真っ暗。

あれ。

またか。

俺は、またもやクローゼットの中にいるようだった。

すぐにそこから這い出て、携帯で時間を確認する。

3時半。

1時間ちょっと眠っていたようだ。

俺は、もう一度ベッドに行き、すぐに眠った。

とにかく疲れていたんだ。

・・・・・まただ。

目が覚めた。

そして、狭くて暗い。

クローゼットの中だ。

何で俺はここにいるんだろう。

今度は、俺の手には何かが握られていた。

それが何かはすぐに分かった。

さっき、時間を確認した携帯電話だ。

携帯を握り締めたまま、眠ってしまったようだった。

俺は、携帯の液晶の電気をつけた。

ボーっとする明かりだが、辺りが明るくなる。

え・・・・

携帯の小さな明かりの中、俺の隣には女の人がいるのが見えた。

びっくりして、声も出ないまま、クローゼットから飛び出した。

部屋の電気を慌ててつける。

恐る恐るクローゼットの中を確認すると、誰もいない。

なんだったんだ。

見間違いか。

時間を確認すると、もう6時前だった。

少し早いが、起きてしまおう。

もうこの部屋で眠る気になれない。

俺は、改めて風呂に入ることにした。

熱い湯につかり、気分をリフレッシュした。

今日も仕事だ。

・・・・・・・・・その日の日中、出張先のある街を歩いていると、知らない子供に話しかけられた。

「ねえ?」

「・・・ん?あ、俺に話しかけてんの?何?」

「あの。。。お兄ちゃんの背中には、なんで女の人の顔があるの?」

これを聞いたとき、正直鳥肌ではすまなかった・・・

俺が見たクローゼットの女と、子供に話しかけられた事に関連性があるのかは分からない。

でも、偶然にしてはできすぎていた。

終わり

スポンサーリンク