追いかけてくる日本人形

俺が20代前半のころの話。

ある理由で、地方で1週間ほど過ごしたことがあった。

旅行ではないが、本編とは無関係のことなので、旅行だと思ってもらえればと思う。

そこはかなりの田舎で、見渡すかぎり野山だった。

宿泊先は、小さな山の階段を上った先にあった。

その階段の途中に、これまた小さな公園があった。

なぜそんな場所に作ったのかと思えるような公園だった。

ベンチとブランコ、ジャングルジムが設置してあるだけの質素な造りだ。

ある日のこと。

時間はもう夜の12時近かった。

俺は、用事を済ませ、宿泊先に戻ろうしていた。

宿泊先は山の上だ。

当然、階段を上らなければならない。

小さな山だが、田舎の山だ。

辺りは真っ暗。

当然、懐中電灯が必要だった。

懐中電灯で足元を照らしながら、ゆっくりと歩いていく。

暗闇の中、たった一人で知らない土地を歩くのは少し怖い。

それは男でもだ。

そのとき、音が聞こえた。

俺の中の恐怖心からだろうか。

耳を澄ますと、わずかだが聞こえてくるような気がする。

キィーキィー

鉄がきしむような音だった。

何の音かはまったく分からない。

そのときはそれほど気にすることなく、階段を上り続けた。

キィーキィー

やはり、聞こえる。

気のせいではないようだ。

キィーキィー

相変わらず聞こえる鉄のきしむような音は、階段を上るたびに大きくなるように思えた。

誰かがこの先で、何かやっているのだろうか。

そのときもまだ、音を気にすることなく階段を上り続けた。

正確に言えば、少なからず怖さはあった。

それでも気にせずにいられたのは、過去に一度も幽霊やその類いを見たことがないためだろう。

見たことがないため、オカルトな想像はリアリティーに欠ける気がしたのだ。

キィーキィー

階段を上ってきたからか、もうはっきりと音が聞こえる。

ふと見ると、小さな公園の場所までたどり着いていた。

闇を公園の街灯が申し訳程度に辺りを照らしている。

キィーキィー

どうやら、音は公園の中から聞こえてくるようだった。

俺は持っていた懐中電灯で、公園内を照らしてみた。

よく見えないが、ブランコが揺れているようだった。

誰かいるのだろうか。

こんな夜中に公園で、一体に何を・・・・

一瞬「幽霊かもしれない」と思った。

だが、すぐにそれを否定する。

夜の公園といえば、幽霊よりもどこぞのカップルがイチャついている可能性の方が遥かに高い。

俺は好奇心からか、公園内に足を踏み入れてしまった。

おそらく、怖いもの見たさと好奇心。

このときの自分の行動は、明らかに早計だった。

公園内に入ると、どことなくその空間だけ空気が冷たいような気がした。

身震いをする。

風邪をひくのだろうか。

そんなことを思いながら、ブランコに向かって歩いていく。

少しずつ近づいていく。

ブランコが揺れている。

そして、ブランコには小さなものが乗っかっているのが見えてきた。

懐中電灯を持っているとはいえ、暗くて何が乗っているのかは分からない。

野良猫だろうか。

でも、猫がブランコの上に乗るのだろうか。

ある距離まで近づいた時、ブランコに乗っているものが見えてしまった。

そこには、日本人形が座っていた。

キィーキィー

キィーキィー

鉄がきしむ音は、日本人形がブランコを漕ぐ音だった。

続き→追いかけてくる日本人形2

スポンサーリンク