短編「ラブホテルの幽霊」

これは、私が実際に体験した話です。

あれはもう、15年くらい前のことでしょうか。

私は現在結婚していますが、独身時代の話です。

あるとき、当時付き合っていた彼女とラブホテルに泊まりました。

私たちは中に入ると、まず二人でお風呂に入り、それからベッドインしました。

明かりは完全に消すことはなく、薄明かりのもと、愛を育んでおりました。

でも・・・

行為の最中、彼女がおかしなことを言い出しました。

「もうやめよう。」

私としては意味が分かりません。

まだ若かった私は、途中でやめるだなんて考えられず、不機嫌にすらなりました。

そして、彼女はこのホテルから出たいというのです。

もう、私が何を言ってもここから出たいの一点張りです。

仕方なく私が折れて、ホテルを出ることにしました。

ですが彼女は、ホテルから出た途端に、今度は泣き出すんです。

もう意味が分かりません。

理由を聞いても答えてくれません。

でも、落ち着いたころに彼女は話してくれました。

私たちが、行為に及んでいたとき、ふと彼女がベッドの端を目にしたのだそうです。

すると、ベッドが上下に揺れるたびに、真っ白い顔をした男が見え隠れするというのです。

ギシギシ

ベッドが上下に揺れるそのわずかな隙間から、真っ白い顔の男が見えるというのです。

私はそんな話、信じられませんでした。

幽霊の存在を信じていませんでしたから。

彼女が、私のことを避けたくて、幽霊話でも持ち出したのかなと思いました。

でも、彼女は決定的な証拠を見せてくれました。

その白い顔の男は、ベッドの横で、私のバッグをかじっていたと言います。(ベッド横の床にバッグを置いていました)

私たちが行為をやめたとたんに、男は消えてしまったのだそうです。

消えたということは、やはり幽霊の線が濃厚でしょうか。

私は話を聞いたその場で、自分のバッグを確かめました。

すると、確かに真新しい歯形がしっかりと残っていたのです。

相当強い力で噛まない限り、こんなに跡は残せないでしょう。

こんな歯形・・・・確かに、さっきまではなかったはずです・・・・

ラブホテルには、怪談や怖い話などがあると言いますが、まさか自分が心霊体験することになるだなんて思いませんでした・・・・

終わり

スポンサーリンク