奇妙な話「ストーカー」

高校を卒業して、間もないころに体験した話。

私は、東京の女子大に通うため上京してきた。

「東京の人は冷たい」

そんな先入観もあったけれど、中には優しい人もいる。

大学に行くために自宅のアパートを出ると、毎朝決まって顔を合わせる中年の男性がいた。

1月ほどすると、その男性から挨拶されるようになる。

「なんだ。東京の人だって、顔を合わせれば挨拶するんだ。」

少しホームシックになりかけていた私は、人の温かみに触れたようで、その出来事が少しだけ嬉しく思えた。

それからしばらくすると、私は大学のそばで同じ中年男性と顔を合わせた。

少し驚いたが、お互い笑顔で挨拶をした。

それからというもの、私の行く先々でその中年男性と顔を合わせることが多くなった。

最初のうちこそ、偶然だと思っていた。

「私たちは行動パターンが似ているのかな?」

「男性の会社が私の大学のそばなのかな?」

など、そんな風に考えていた。

だが、だんだん偶然会う回数があまりに多いことを、奇妙に感じるようになった。

なぜだろうか。

いくら考えても答えは出なかった。

そんなある日。

私は、帰りが遅くなってしまった。

東京に出てきてから、バイトを始めたのだ。

自宅アパートのそばは、なんとなく夜道が薄気味悪い。

バイトそのものよりも、夜道の帰宅が苦痛だった。

私が夜道を歩いていると、突然後ろから誰かに抱きしめられた。

羽交い絞めにされたといった方がいいかもしれない。

振りほどこうにも、力が凄くて振りほどけそうにない。

とにかく怖くて、パニックになってしまった。

続き→奇妙な話「ストーカー」2

スポンサーリンク