学校の七不思議なのか?怪談なのか?

いつもと同じ朝だった。

僕は、いつもと同じように顔を洗い食パンをかじり、制服に着替えた。

そして家を出る。

その日は、学校に行くまでに誰ともすれ違わなかった気がする。

自転車をいくら漕いでも、人ともすれ違わなければ、車も通らない。

おかしなこともあるものだと思ったが、それほど気にしなかった。

学校に着くと、僕が一番乗りのようだった。

時計を見ると、8時10分だ。

始業ベルは8時20分だから、まだ余裕がある。

だが、この時間に誰も来ていないなんておかしい。

いつもなら、クラスの半分近くが登校している時間だった。

待つこと、10分。

みんな、示し合わせたように8時20分ぴったりに教室に入ってきた。

誰も一言も口を利かない。

無言だった。

無言なだけじゃない。

無音なのだ。

足音も、イスを引く音もしない。

それは、先生も同様だった。

無音で入ってきたかと思うと、目線の定まらぬ顔で機械のように出席を取り始めた。

僕は、周りを見渡した。

クラスの生徒はみんな、視線が定まらぬ様子で、ボーとしているように見える。

何があったというのだ。

僕は隣の席の女子に話しかけてみた。

女子はこちらを見ないで、機械のような声を出す。

まるで、機械の声をテープに録音し、10年くらい放置してから再生させたような喋り方だった。

不気味で古臭く、抑揚が一切ないのだ。

僕は怖くなり、後ろの席の奴にも話しかけた。

そいつも、まったく同じ反応だ。

しかも、先ほど話しかけた女子と一語一句変わらない言葉だった。

ここは、本当に学校なのだろうか。

続き→学校の七不思議なのか?怪談なのか?2

スポンサーリンク