ラブホの幽霊以外人間の怖い話

あれは、2004年のことだった。

俺は、当時付き合っていた彼女と、真昼間のデートをしていた。

場所は千葉にある某ラブホテルだった。

泊まりではなく、休憩で入った。

室内は、電気をつけても薄暗い部屋だった。

綺麗とは呼べなかったが、汚いとも呼べないような部屋だ。

正直なところ、これで5500円は少し高いと思った。

ただ。

若かった俺は、お金のことよりも彼女との行為のほうが大切だったため、文句を言うこともなく休憩時間を楽しんだ。

3時間が経過し、二人は外に出た。

しばらく歩くと、彼女がホテルに携帯を置き忘れた気が付いた。

どじな子だった。

まあ、そこがかわいいんだなんて考えていた。

彼女をホテルの外に待たせて、俺が携帯を取りに行った。

ホテルの中に入ってみると、受付には誰もいない。

勝手に入らせてもらうことにした。

そして、先ほどまで滞在していた部屋に向かった。

部屋に入ると、まだ片付いていなかった。

出たままの状態だ。

俺たちが脱ぎ散らかしたバスローブが散乱している。

ふと見ると、奥に黒いスーツの男がいた。

中年くらいだろうか。

強面の男だった。

その男は俺の姿を見ると、びっくりした顔で手に持っていたものを隠していた。

俺は、男に言った。

「すみません。携帯忘れちゃって。」

だが、男が隠したものを見逃さなかった。

男は手に小型のカメラのような物を持っていて、それを隠したのだ。

おそらくだが、俺たちの行為を盗撮していたのだと思う。

本来なら、文句を言うべき状況だろう。

だが、恥ずかしながら、俺はその男が恐かった。

見るからに堅気ではなさそうな風貌だったため、文句でも言えば刺されるのではないかビビってしまっていた。

彼女の携帯を掴むと、逃げるようにその場を立ち去った。

それ以来、ラブホテルを利用するときは、十分に注意が必要だと感じた。

終わり

スポンサーリンク