山道での洒落にならない恐怖体験

これは、私が車の免許をとり立てのころに体験した話です。

免許も無事取れたことだし、自分の運転でどこか行ってみたいな、と思っていた矢先。

友達の京子から、「ミサ、今度ドライブ連れてってよ。」というオファーを受けました。

断る理由もなく、2つ返事でオッケーをだします。

免許はあれど車はないので、レンタカー代やガソリン代は二人の折半ということにしました。

そして、出発します。

ドライブの目的は特になかったのですが、秋だったこともあり急遽紅葉を見に行くことにしました。

ですが、私の慣れない運転と、京子のグダグダなナビです。

迷う、なんてものじゃありません。

出発してから気がついたのですが、いきなりの遠出は少し無謀だったなと感じました。

それでも行きはまだ良かったんです。

帰りはもう、運転したくないくらい疲れていました。

疲れた私に気が付いたのか、京子は言ってくれました。

「運転代わってあげたいけど、あたし運転できないからごめんね。帰り遅くなっていいから、少し休もう。」

お言葉に甘えて、少し休憩することにしました。

でも、そこは山道で休憩できる場所がありません。

あたりは真っ暗です。

車を停めて、自動販売機で買ったジュースを飲んでいましたが、なんとも不気味な雰囲気です。

明るければ紅葉が綺麗なのでしょうけど、夜は怖い場所に思えました。

「せっかくだけど休憩もういいわ。急いで帰ろう。」

私の意見に、京子も賛成してくれました。

きっと二人とも怖かったのでしょう。

車に乗り込み、走りだしました。

すると突然。

道路の脇の暗闇から、赤いコートを着た女の人が飛び出してきました。

きぃぃぃぃーーーー

急ブレーキを踏みましたが、間に合いません。

ドン

鈍い音が響きます。

頭は真っ白です。

全身の毛穴から汗が噴出している感覚でした。

人を・・轢いてしまった・・・・

続き→山道での洒落にならない恐怖体験2

スポンサーリンク