ちょっとエッチな女の幽霊 本当の体験2

前回→ちょっとエッチな女の幽霊 本当の体験

結局、その日は一睡もすることができなかった。

朝になると、「具合が悪い」と親に言って学校を休んだ。

12歳の少年が、エッチな雰囲気の女の人と一晩を共にしたのだ。

と言っても、手を握っていただけではあるが、そんなことは生まれて初めての体験だ。

興奮して眠れないのは無理もない。

その女の人は、いつの間にかいなくなっていた。

俺がトイレに行っている間に、いなくなっていたのだ。

女の人の手があまりに冷たくて、途中でおしっこに行きたくなってしまったのだ。

いったい、どこから入って来て、どこに消えてしまったのだろうか。

俺はそんな疑問を抱きながらも、「もしかしたら今日も来てくれるかな?」なんていう期待をしてしまっていた。

その晩。

女の人は現れなかった。

次の晩も、その次の晩も現れない。

ずっと待っているのに、一向に現れる気配はない。

10日ほど過ぎたころ、俺はもう諦めムードになっていた。

そして。

あの晩からちょうど1ヶ月が過ぎていた。

そのころにはもう、俺は女の人のことは忘れて、毎晩ぐっすり眠っていた。

でも、ある晩。

手の冷たさで目が覚めた。

薄目を開けると、俺の横に誰かがいるのがぼんやり見えた。

視界をはっきりさせようと、目をがむしゃらに擦った。

だんだん前が見えてくる。

横には、例の女の人がいるではないか。

前に会ったときと同じように、俺の手を握って眠っている。

俺はとっさに声をかけた。

「あの・・・・」

でもその後が続かない。

何を話していいのかが分からないのだ。

よし、もう一度声をかけよう。

「あ、あ、あの・・・・」

緊張のためか、ドモリ気味になってしまう。

女の人は、薄目を開けて小さく微笑んだ。

もうその顔があまりに綺麗で、俺はどうでも良くなってしまった。

何でここにいるのか知りたいけど、知らなくてもいい。

俺は、この人をずっと待っていたのだ。

続き→ちょっとエッチな女の幽霊 本当の体験3

スポンサーリンク