ちょっとエッチな女の幽霊 本当の体験

俺は小学6年生のときに怖い体験をした。

いや。

正確に言えば、怖くない。

不思議な体験といった方がいいかもしれない。

ちょうど12歳の誕生日を迎えた夜のことだった。

その日、俺はなかなか寝付けずにいた。

壁の時計を見ると、夜の12時を過ぎている。

こんな夜中まで起きていたら、明日の朝起きられないかもしれない。

早く寝なければと焦り、寝返りをうつ。

寝返りをうって驚いた。

なんと、ベッドの隣に女の人が眠っているではないか。

俺は危うく叫びだすところだった。

見たこともない女の人だった。

年齢は分からないが、大人だ。

突然のことに、驚きと恐怖を感じる。

女の人は、よく見るとかなり綺麗な人だった。

しかも、ちょっとだけ格好がエッチだ。

白い浴衣のようなものを着崩していて、胸が見えそうなのだ。

なぜ女の人の格好までわかるかというと。

豆電球をつけて寝ているため、暗闇でも目が見えるのだ。

だんだんと恐怖心が薄れていく。

恥ずかしながら、恐怖よりもエロスな気持ちが勝ってしまっている自分がいる。

女の人を、じっと見つめてしまう。

そして、どうしても胸に目がいってしまう。

俺は迷った末、女の人に声をかけてみた。

それは勇気のいるのことだった。

「あのー、すみません。誰ですか?」

返事はない。

寝ているのだろうか。

もう一度聞いてみよう。

「あの・・・」

そこまで言うと、女の人は軽く目を開けて俺の手を握った。

ドキッとした。

その手は驚くほど冷たかった。

だが、俺がドキッとしたのは違う理由だ。

こんな綺麗な女の人が、エッチな格好で俺の手を握っているのだ。

興奮するなという方が無理だ。

俺は、女の人が手を離してしまうのが嫌で、もう何も話しかけられなくなってしまった。

しばらくすると、女の人はまた静かに目を瞑った。

続き→ちょっとエッチな女の幽霊 本当の体験2

スポンサーリンク