実話・南千住の怪談

これは10年前に体験した「南千住の怪談」である。

当時の俺は、北千住で1人暮らしをしていた。

高校卒業と同時に田舎を飛び出して、東京で1人暮らしを始めたのだ。

夢の東京暮らしだったが、バイトバイトでヘトヘトとの毎日だった。

ある日、バイトの残業が多くなり、終電ギリギリになってしまった。

駅まで走ったが、最終には間に合わず。

なんとか、上野行きには乗ることができた。

上野から北千住までは5キロはあるだろう。

徒歩で移動するのは面倒な距離だった。

元気なときならいざしらず、バイトで残業し疲れきった体なのだ。

5キロの道のりを歩くのは苦痛だった。

家賃と生活費でギリギリの俺に、タクシーを使える余裕はない。

選択肢などなかった。

歩くしかない。

まずは、腹ごしらえに牛丼屋に入った。

これから、たくさん歩くのだ。

少しくらい贅沢しても罰は当たらないだろう、ということで牛丼大盛りを注文。

バイト終わりで腹ペコの俺には、牛丼が何よりのご馳走だ。

満腹になり、少しだけ休憩する。

このまま歩いたら気持ち悪くなりそうだったからだ。

小休憩後、「よしっ」と気合を入れる。

途中コンビニで道を聞きながら、身体に鞭を打って歩き出した。

すぐに足の裏が痛くなった。

薄っぺらい履きつぶしたスニーカーはクッションが効いていない。

なにより、家と駅の往復以外で歩いていなかったのだ。

足の裏が弱くなっているようだった。

こりゃあ、思っていた以上にしんどそうだ。

上野から1~2キロは歩いただろうか。

ここがどこだか良くわからないが、北千住に向かう道は1本道だと教わったので、おそらく道はあっていると思う。

周りには車が走ってはいたが、人は少なかった。

突然、後ろに人の気配を感じて、振り返る。

10メートルほど離れたところに、女の人歩いていた。

進行方向は俺と同じようだ。

その女の人は、なぜだか着物を着ている。

何で着物なのだろうか。

季節は11月だ。

携帯で時間を見ると深夜2時近くだった。

続き→実話・南千住の怪談2

スポンサーリンク