実話「山の怖い話」心霊

あれは、俺が小学5年生のころに体験した話。

当時俺は、秘密基地を作って遊んでいた。

友人達と作った基地だ。

5年だったから「秘密基地」なんて呼び方はしていなかったが、遊びの内容は秘密基地そのものだった。

学校のそばに小さな山があり、その山には誰も使っていないボロボロの小屋があったのだ。

その小屋を軽く掃除して(本当に軽く)、友人たちでたまり場にして遊んでいた。

駄菓子やジュースを持ち込んだり、漫画やポータブルタイプのゲーム機で遊んだ。

昔遊びのコマが流行った時期もあった。

あ、アダルトな本を持ち込んで、みんなで死ぬ程興奮したこともあった。

そんなある日の放課後。

俺は、一番乗りでその小屋に着いた。

家が一番近かったというのと、他の連中は学校へ居残りだそうだ。

作業だか委員会だかがあるとか言っていた。

そんな理由で、俺だけかなり早く着いてしまったのだ。

最初は、小屋の外で待っていたが、どうにも退屈で中に入って待つことにした。

俺は、それ程臆病な人間ではないはずなのだが、一人で入った小屋はちょっと薄気味悪かった。

まだ昼間なのに薄暗い。

普段は、みんなでうるさくしていたから気がつかなかったが、一人だと耳が痛くなるくらい静かだった。

「ああ、早く誰か来ないかな。暇で死にそうだよ。」

わざと大きな声でつぶやいてみる。

本当は暇というよりも怖いのだ。

「ああ、本当に早く誰か来てくれ。俺、マジで怖いよ。」

今度は心の中でつぶやいた。

そのとき、外に誰かが見えた。

小屋には小さな窓があるのだが、窓の外に誰か居る。

何で入ってこないのだろうか。

「おーい。誰だ?中に入れよ。俺一人で死ぬほど暇してたんだから!」

明るく声をかけながら窓に近づいた。

必要以上に明るい声を出したのは、無意識では気が付いていたのかもしれない。

外にいるのが友人ではないことを。

続き→実話「山の怖い話」心霊2

スポンサーリンク