不気味な都市伝説「こっくりさん」

これは、私が小学校時代に体験した話です。

あなたは、都市伝説のこっくりさんをご存知ですか?

地域によってやり方が違うようですが、大まかには同じです。

10円玉にみんなで指を置いて、「こっくりさん、こっくりさん、おいでください。」といった呪文を唱えるのです。

すると、10円玉が自然と動き出してその場に居る人間が知らないであろうことを教えてくれるのです。

降霊術とも言われていますが、子供の遊びとも言えます。

私の通っていた小学校では、5年生の頃にこの遊びが流行りました。

放課後、両親共働きの友達の家(家の人が居ないため)に集まって、部屋を暗くしてムードを作って「こっくりさん」を始めます。

最初のうちこそ、「こっくりさん、××の好きな人を教えてください」とか小学生らしい質問をしていました。

ですが、日が経つごとにそれでは満足できなくなっていき、質問がエスカレートしてきます。

それでも、

「××の寿命を教えてください」

といった、その場に居ない人間のことを聞いているうちは良かったのです。

さらにエスカレートし、「ここにいる人で今年中に亡くなる人間を教えてください」なんて馬鹿な質問をした子がいました。

こっくりさんは、10円玉で「A子」の名前を指してしまいました。

その場にいたA子はパニックです。

この日から、本当に大変でした。

A子は次の日から学校も来なくなり、通っていた塾にも顔を出さなくなりました。

心配して家に行ってみても、ほとんど会えない状態です。

少し会えたときは、かなり痩せてしまっていました。

その後しばらくして、A子は学校を辞めました。

噂では、どこか遠くに引っ越してしまったのだそうです。

確かにA子が住んでいた家には、知らない人が住み始めていたので、引っ越したのは本当だと思います。

大人になった今このことを思い出すと、一種の催眠状態だったのではないかと思います。

小学生で心が真っ直ぐだったA子は、こっくりさんの言葉に酷く怯えてしまい、学校にも来られなくなってしまったように思います。

都市伝説も、ここまでくると危険ですね。

最後に。

あの時いたメンバーの中で、A子のことを「今年いっぱいの寿命だ」と言ったのはいったい誰なのでしょうか。

大人になった今でもそれが分かりません。

私にとっては、こっくりさんよりもその子が怖いです。

スポンサーリンク